TWICEのスペシャルアルバム TWICEcoaster : LANE 2

TWICE"KNOCK_KNOCK"のMVに出演するパク・ジニョン DISCOGRAPHY

TWICEcoaster : LANE 2は2017年2月20日に発売されたTWICEのスペシャルアルバム。3rdミニアルバム「TWICEcoaster : LANE 1」に2曲の新曲を加えたリパッケージ版(CD限定でリミックス版1曲・インストメンタル版3曲が追加されている)。制作JYPエンターテインメント。流通GENIE MUSIC。

収録曲

2017/02/20 TWICE(트와이스) “KNOCK KNOCK” M/V

1:55あたりに出てくるオッサン人物は現スターで5年後にレジェンドになるJYPエンターテインメントの創業者で音楽プロデューサーのパク・ジニョン

1. KNOCK KNOCK
  • 作詞 シム・ウンジ, イ・ウミン, Mayu Wakisaka
  • 作曲 イ・ウミン, Mayu Wakisaka
  • 編曲 イ・ウミン
  • 時間 3:15
2. 녹아요 (Ice Cream ノガヨ)
  • 作詞 キム・チャンナク, ハン・ギョンス
  • 作曲 キム・チャンナク, ハン・ギョンス チェ・ハンスル, ピンクハウンド
  • 編曲 キム・チャンナク, ハン・ギョンス チェ・ハンスル, ピンクハウンド
  • 時間 3:52
3. TT
  • 作詞 Sam Lewis
  • 作曲 ブラックアイド・ピルスン
  • 編曲 ラド
  • 時間 3:32
4. 1 to 10
  • 作詞 Noday, Chloe
  • 作曲 Noday, Chloe
  • 編曲 Noday, Chloe
  • 時間 2:55
5. Ponytail
  • 作詞 ZigZag Note, イ・シンソン
  • 作曲 ZigZag Note
  • 編曲 ZigZag Note, ノ・ウンチョン
  • 時間 3:26
6. Jelly Jelly
  • 作詞 チョウル
  • 作曲 east4A, Ashley Mounts, キム・ヒドク
  • 編曲 east4A
  • 時間 3:30
7. Pit-A-Pat
  • 作詞 カン・ジウォン, Yorkie
  • 作曲 カン・ジウォン, イム・ガンウク
  • 編曲 カン・ジウォン, イム・ガンウク
  • 時間 3:27
8. Next Page
  • 作詞 マイル(Maeel)
  • 作曲 Joe J. Lee “Kairos”, Hobyn “K.O” Yi
  • 編曲 Joe J. Lee “Kairos”
  • 時間 2:55
9. One in a Million
  • 作詞 mr.cho
  • 作曲 Sebastian Thott, Didrik Thott, Andreas Öberg, Danielle Senior
  • 編曲 Sebastian Thott
  • 時間 2:55
10. TT (TAK Remix)
  • 作詞 Sam Lewis
  • 作曲 ブラックアイド・ピルスン
  • 編曲 ハン・ウォンタク
  • 時間 3:58
11. OOH-AHH하게 (Inst.)(Like Ooh Ahh ウアハゲ)
  • 作曲 ブラックアイド・ピルスン, Sam Lewis
  • 編曲 ラド
  • 時間 3:35
12. CHEER UP (Inst.)
  • 作曲 ブラックアイド・ピルスン
  • 編曲 ラド
  • 時間 3:27
13. TT (Inst.)
  • 作曲 ブラックアイド・ピルスン
  • 編曲 ラド
  • 時間 3:33
  • 44:29

TWICE

KNOCK KNOCK ランキング動向

音源

ガオンデジタルチャート&ダウンロードチャート
週次総合順位ダウンロード順位ダウンロード数累積ダウンロード数
1週1位1位319,957319,957
2週2位2位141,204461,161
3週3位5位89,739550,900
4週2位6位70,534621,434
5週3位6位60,554681,988
6週4位6位53,782735,770
7週8位12位50,478786,248
8週10位15位43,613829,861
9週18位23位42,072871,933
10週21位31位39,344911,277
11週15位22位41,354952,631
12週24位33位33,854986,485
13週24位29位36,1371,022,622
14週22位28位34,8861,057,508
15週29位42位33,2431,090,751
16週35位43位29,2901,120,041
17週36位48位27,6931,147,734
18週38位50位26,9371,174,671
19週40位55位26,6091,201,280
メロンチャート&ガオンストリーミングチャート
週次メロン順位ストリーミング順位ストリーミング数累積ストリーミング数
1週1位1位7,136,1937,136,193
2週1位1位6,965,17814,101,371
3週1位1位6,519,64020,621,011
4週2位1位5,966,29926,587,310
5週2位1位5,521,80632,109,116
6週3位2位5,014,03737,123,153
7週5位4位4,631,76541,754,918
8週8位7位4,108,22945,863,147
9週9位8位3,953,78549,816,932
10週14位13位3,597,73353,414,665
11週13位12位3,553,50356,968,168
12週15位14位3,126,09260,094,260
13週15位15位3,085,09263,179,352
14週17位19位3,035,95366,215,305
15週19位22位2,797,01569,012,320
16週24位26位2,519,05871,531,378
17週27位27位2,368,84173,900,219
18週30位31位2,207,45876,107,677
19週31位30位2,001,53578,109,212
iChart PERFECT ALL KILL達成 69回
回数日時回数日時回数日時
1回 2月21日 13:30 24回 2月23日 23:30 47回  2月26日 02:30 
2回2月21日 14:3025回2月24日 00:3048回2月26日 09:30
3回2月21日 15:3026回2月24日 17:3049回2月26日 10:30
4回2月21日 16:3027回2月24日 18:3050回2月26日 11:30
5回2月21日 17:3028回2月24日 19:3051回2月26日 12:30
6回2月21日 18:3029回2月24日 20:3052回2月26日 13:30
7回2月21日 19:3030回2月24日 21:3053回2月26日 14:30
8回2月21日 20:3031回2月24日 22:3054回2月26日 15:30
9回2月21日 21:3032回2月24日 23:3055回2月26日 16:30
10回2月21日 22:3033回2月25日 00:3056回2月26日 17:30
11回2月21日 23:3034回2月25日 01:3057回2月26日 18:30
12回2月22日 00:3035回2月25日 13:3058回2月26日 20:30
13回2月22日 12:3036回2月25日 14:3059回2月26日 21:30
14回2月22日 14:3037回2月25日 15:3060回2月26日 22:30
15回2月22日 16:3038回2月25日 16:3061回2月27日 07:30
16回2月22日 19:3039回2月25日 17:3062回2月27日 08:30
17回2月22日 20:3040回2月25日 18:3063回2月27日 12:30
18回2月22日 22:3041回2月25日 19:3064回2月27日 14:30
19回2月22日 23:3042回2月25日 20:3065回2月27日 15:30
20回2月23日 00:3043回2月25日 21:3066回2月27日 16:30
21回2月23日 19:3044回2月25日 22:3067回2月27日 23:30
22回2月23日 20:3045回2月25日 23:3068回2月28日 00:30
23回2月23日 22:3046回2月26日 00:3069回2月28日 12:30

2017年2月20日スペシャルアルバム「Twicecoaster: Lane 2」のタイトル曲「KNOCK KNOCK」は、発売と同時に各音源リアルタイムチャートで1位となった。発売初週GAONデジタルチャート1位。2月28日までに69回のichartパーフェクトオールキル(PK)を達成した。

CD売上

年月日売上枚数累計売上
2017年2月266,645266,645
2017年3月6,727273,372
2017年4月
2017年5月
2017年6月

予約

シンナラレコード予約
月日売上枚数累計売上
2月13日17,243枚17,243枚
2月14日4,584枚21,827枚
2月15日2,267枚24,094枚
2月16日1,530枚25,624枚
2月17日6,173枚31,797枚
2月18日953枚32,750枚
2月19日1,819枚34,569枚

最小34,569枚

シンナラレコードは正確な予約・販売枚数を発表しないので最小値しか分からない

初動

ハントチャート売上

月日売上累計売上備考
2月20日27,200枚27,200枚
2月21日40,600枚67,800枚
2月22日13,300枚81,100枚
2月23日18,300枚99,700枚
2月24日7,600枚107,300枚
2月25日3,200枚110,200枚
2月26日3,000枚113,600枚

ハントチャートは下二桁を公開していないために00としたが、実際には0~99枚売れている。

2017年2月23日、99,700枚を超え、3rdミニアルバム「TWICEcoaster : LANE 1」の持つガールズグループ初動記録を更新、最終的に初動113,600枚を記録した。CD不況以降、初動で10万枚を超えたのは、東方神起・EXO・防弾少年団・セブンティーンだけである。

TWICE”KNOCK KNOCK” Youtube再生回数
再生回数年月日所用日数間隔
1000万2017-02-212日2日
2000万2017-02-234日2日
3000万2017-02-267日3日
4000万2017-03-0312日5日
5000万2017-03-1019日7日
6000万2017-03-2029日10日
7000万2017-04-0141日12日
8000万2017-04-1555日14日
9000万2017-05-0272日17日
1億2017-05-2090日18日
1億1000万2017-06-11112日22日
1億2000万2017-07-08139日27日
1億3000万
1億4000万
1億5000万
1億6000万
1億7000万
1億8000万
1億9000万
2億

12時間で再生回数500万回、24時間で900万回と、TTよりも速いペースで再生回数を伸ばしたが、防弾少年団のペースに追いつけなかった。6日8時間5分で3000万回を突破し8日5分かかった防弾少年団を抜いて韓国アイドル最速記録を作った。今後、TWICEの海外進出によってYoutbe再生回数のペースは更に加速する可能性が高い。(ただし、YouTube再生回数はPSYが億単位の記録を持っているので追いつくことはまずない)

2017年5月20日、発売から90日で再生数1億回を突破した。TWICEはデビューから4曲連続再生数1億回を超えた。

音楽番組

日付番組名動画順位備考
2017.02.23エムカウントダウン動画
2017.02.24ミュージックバンク動画
2017.02.25 音楽中心動画
2017.02.26人気歌謡動画
2017.03.02エムカウントダウン 動画 1位  
2017.03.03 ミュージックバンク 動画 1位  歴代3位の12175点獲得 
2017.03.04音楽中心動画
2017.03.05 人気歌謡 動画 1位  
2017.03.07THE SHOW動画 1位  
2017.03.08ショーチャンピオン動画 1位
2017.03.09エムカウントダウン動画
2017.03.12人気歌謡動画 1位  2週連続 
2017.03.16 エムカウントダウン放送不参加 1位  通算2週 
2017.03.17 ミュージックバンク動画 1位  通算2週 
2017.03.18音楽中心動画
2017.03.18人気歌謡放送休止1位3冠達成

評価・反応

発音・歌詞伝達力問題

楽曲制作がブラックアイド・ピルスンから変わったためか、曲の構成にいくつかの変更あった。

TWICEが常に指摘を受けて来た発音と歌詞の問題で改善が見られた。OOH-AHH하게,CHEER UP,TTと曲を出すごとに発音についての批判が高まっていく状況だったが、ブラック・アイド・ピルスンが不正確な発音で歌うようにプロデュースしたとインタビューで明らかにした。KNOCK KNOCKでは発音に対する批判があまり見られず、発音の問題は、ブラック・アイド・ピルスンの意図的なプロデューシングであることを確認できる。ただし、まだメンバーの英語がしっかりと聞こえないという批判も存在する。

パート配分

パート分配も若干の変化があり、これまでより均等に分配された。ボーカルの中心ジヒョとナヨンの曲は私の位置は変わらなかったが、リード、サブボーカル、ラッパーのパートには変化が見られる。3曲連続でパート配分がが少なかったジョンヨンのパートが大きく増えた。もちろんジヒョとナヨンに比べると多くはないが、少なくともリードボーカルと呼べる程度のパート配分になった。

また、TTから成長と変化の兆しが見えたミナのパートも大きく増えた。公式リードボーカルのジョンヨンとほぼ同じパートを受け持った。サブボーカルのサナはキリングパートと第二のリフレインを務めキリングパートの妖精の異名を得た。

ダヒョン、チェヨンの2人のラッパーはラップだけでなく、ボーカルも務めた。チェヨンは過去の収録曲でボーカルとしても良い姿を見せ、ダヒョンはSIXTEEN時代から不安視されていたがボーカルメンバーに代わってボーカルパートまで受け持つようになったのは大きな変化である。

その他

122回「KNOCK」という単語が出てくる。

台湾の週間YouTubeランキングで2位に4倍の差をつけて1位になった。

「KNOCK KNOCK」の音楽番組活動は、当初2週間の予定だったが放送局の要請を受け1週間延長した。

ツウィの母はTWICEcoaster:LANE 1発売時と同様に、自身が経営するカフェにTWICEcoaster:LANE 2を持っていくと飲み物などのサービスをした。

KNOCK KNOCKを韓国語表記すると”낙낙”(ナ[ク]ナ[ク])になるが発音変化が起きて”낭낙”(ナンナ[ク])と発音する。

コメント