「活動に空白が出来ればファンからも一般の人々からも忘れ去られる」K-POP業界関係者

The year of Yes ティザー K-POPニュース
The year of Yes ティザー

2018年12月4日付スポーツソウル掲載のTWICEトゥワイス関連ニュース翻訳

TWICE Red Velvet Mamamoo K-POPの女帝は多作女王

2018年12月4日 スポーツソウル

TWICE、Red Velvet、Mamamooの共通点は?

現在韓国の最上級女性アイドルグループという点があげられるが、もう一つ共通点がある。3つのグループは示し合わせたかのように今年3~4タイトルのアルバムを発売した。

TWICEは12月12日3rdスペシャルアルバム”The year of YES”、リード曲 (タイトル曲) “올해 제일 잘한 일” (The Best Thing I Ever Did)を発売する。TWICEは”The year of YES”を含め今年韓国で4タイトルのアルバムを発売した。

TWICEは日本でシングル2枚(“Candy Pop”、”Wake Me Up”)、アルバム2枚 (“BDZ”、”BDZ -Repackage-“)を発売した。

4月9日発売の5thミニアルバム”What is Love?”、7月9日発売の2ndスペシャルアルバム”Summer Nights”、11月5日発売の6thミニアルバム”YES or YES”を合わせた売上は100万枚に達し、リード曲”What is Love?”、”Dance The Night Away”、”YES or YES”でコンスタントに活動を続けた。

Red Velvet

Red Velvet

これはRed Velvet、Mamamooも同じ。Red Velvetは11月30日5thミニアルバム”RBB”を発売、アルバムと同タイトルのリード曲で現在活動中、”RBB”はRed Velvetの今年韓国3タイトル目のアルバムになる。Red Velvetは1月29日リパッケージアルバム”The Perfect Red Velvet”、リード曲”BAD BOY”、8月6日サマーミニアルバム”Summer Magic”、リード曲”POEWR UP”を発売した。

Red Velvetは日本でアルバム1枚(“\#Cookie Jar”)を発売した

11月29日8thミニアルバム”BLUE;S”を発売、リード曲”Wind Flower”が好評のMamamooも今年3タイトルのアルバムを発売した。

Mamamooは日本でシングル1枚(“Décalcomanie –Japanese ver.-“)を発売した。

Mamamooは”4SEASON 4COLOR PROJECT”を展開中で、暖かい春のムード漂う”Yellow Flower”、夏の情熱的な魅力があふれる”RED MOON”に続き新アルバム”BLUE;S”では冬の感性を表現した。

リード曲”Wind Flower”は感性的なギターサウンドと洗練されたメロディラインが印象的なR&Bで、Mamamooの深みある歌声でセンチメンタルな感性を表現した。

Mamamoo

Mamamoo

ある音楽関係者はトップガールズグループが1年に3~4回アルバムを発売する現状について「音楽市場がCDから音楽配信に移行し、トレンドが変化する速度が速くなっている。誰もが知っている歌の誕生が難しくなり、新曲を発売してもすぐに埋もれて行く。活動に空白が出来ればファンからも一般の人々からも忘れられる。ファンも歌手が頻繁に活動することを好んでいる」と語った。

(翻訳終わり)

TWICE

TWICE

「稼げるうちに稼いどけ!」 でいいんじゃないの?