TWICEの活動詳細

夏らしいファッションのTWICE TWICE関連

2015年

10月

タイトル曲(活動曲)
アルバムのリード曲のこと。
ショーケース
新曲発表会のこと。もともとはマスコミ向けのイベントだったが、今はコンサート化している。

11月

  • 1日 SBS”人気歌謡”で1位候補になるも3位。
  • 4日 Mnet“Today’s ROOM”1 2 3

  • 28日 “エルソード英雄大戦”の招待ガールズグループに選ばれる

  • 30日 SBS”人気歌謡”で6週間の”OOH-AHH하게(LIKE OOH-AHH)”活動終了

“活動終了
韓国の歌手(主にアイドルグループ)は新曲を出すと、ミュージックバンク、エムカウントダウンなどの音楽番組に数週間ほど出演する。この音楽番組に出演する期間を”活動期間”という。(アルバム名・タイトル曲名などから”THE STORY BEGINS活動”、”OOH-AHH하게活動”、”1集活動”(1stアルバム=1集 2ndアルバム=2集・・・)と表現する)。ただし活動終了するのは音楽番組の出演だけで、バラエティー番組、各種イベント出演などの活動は行われる。

12月

逆走
チャートを降下していた曲が上昇に転じたり、発売日から時間をおいてチャートを上昇していくことを”逆走”、”逆走行”という。

  • 27日 SBS”パク・ソヒョンのパワータイム”に出演。収録会場のCOEXが大勢のONCEで大混雑したため主催者が急きょTWICEの出演はキャンセルと発表、ONCEに退去を求めた。しかしTWICEは予定通り番組に出演した。SBS“歌謡大戦”に出演。
  • 31日 デビュー年の活動の締めくくりとして年末特別ステージのダンス映像と一年間の感想を“V-LIVE” 1 2 3 4 5で放送。SBS”歌謡大戦”の音響、カメラワークが悪くファンの不満の声が大きかったため、事務所がファンに気を使った模様。ファンの不満を解消させるのに十分な番組構成だった。

2016年

1月

  • 3日 “OOH-AHH하게(LIKE OOH-AHH)”のチャート逆走によりSBS”人気歌謡”を皮切りに活動再開、以降音楽番組出演が続く。
  • 7日 Mnet”エムカウントダウン”出演。平日にも関わらず250人のONCEがTWICEの逆走ヒットを祝福した。事前収録終了後、約15分の特別ファンミーティング開催。

  • 8日 台湾出身で中国で活動する歌手黄安がツウィを批判し、いわゆる”ツウィ国旗事件”が起こる。

ツウィ国旗事件
韓国のテレビ番組でツウィが台湾国旗を振ったことに対し、台湾出身で中国で活動する歌手黄安が「ツウィは独立派だ」と批判。これに中国ネット民が同調して炎上、最終的にツウィは謝罪した。

  • 9日 MBC”音楽中心”出演。午前8時10分からの収録にもかかわらず200人が集まった。収録後、ミニファンミーティングを開催、 TWICEが「待っているファンの気持ちを感じたい」と、ファンミーティング開始予定時刻の前に会場に現れファンを出迎えた。

ファンミーティング
普通は芸能人がファンに感謝の気持ちとしてファンを無料招待して交流するイベントだが、特に日本では有料のイベントになっている。

  • 10日 SBS”人気歌謡”出演、1位候補になる(結果は2位)。”LIKE OOH-AAH”Youtube視聴回数が2500万を突破。
  • 19日 KBS“開かれた音楽会”収録。特別イントロダンスとレベルの高いダンスブレイクを披露した。続いて“ユ・ヒヨルのスケッチブック”1 2収録。ツウィ事態に関連して「大変な時期たけど頑張ってほしい」と激励を受けた。

ツウィへの激励
そもそもは台湾と中国の問題だが、ツウィが韓国で活動しているため韓国でも大きく報じられた。中国のツウィ批判を韓国では内政干渉を受け止める人が多く、このような激励につながった。

  • 21日 ゴールデンディスク新人賞受賞。ジヒョ、ミナ、ツウィがそれそれ自国語で受賞のコメントをした。 ツウィのコメントの際、ONCEだけでなく他歌手のファンも大きな声援を送り、ツウィや司会者を驚かせた。

  • 27日 デビュー100日記念ファンサイン会を開催

2月

  • 9日 “LIKE OOH-AHH”Youtube視聴回数3500万回突破

  • 22日 Mnetリアルバラエティー番組”優雅な私生活”予告編公開(本放送は3月1日~全8回)。

  • 23日 MBC“テイの夢見るラジオ”公開放送出演。

  • 25日 “LIKE OOH-AHH”Youtube視聴回数4000万回突破

  • 27日 ソウル総合芸術学校入学式祝賀公演とJYP12期公開採用オーディションに出席

  • 29日 “LIKE OOH-AHH”Youtube視聴回数4140万回突破。2NE1″FIRE”を抜いてガールズグループデビュー曲最多視聴回数になった。

3月

  • 3日 KBS”SUPER JUNIORのKISS THE RADIO”外国人特集にモモとサナが出演
  • 13日 SBS”人気歌謡”で”LIKE OOH-AHH”がまた1位候補になる。この日の放送でナヨン、ジョンヨン、ジヒョ、ダヒョン、ツウィがGFRIENDのソウォン、イェリン、ユジュ、シンビと共に少女時代の“GEE”を披露した

GFRIEND
TWICEと同じ2015年デビューの女性アイドルグループ。同期ということでセット扱いでステージを共にすることが多くTWICEと仲が良い。グループ名の”GFRIEND”は海外用で、韓国では”여자친구”(恋人の意)というグループ名で活動している。

  • 16日 スポーツ朝鮮主催”第21回コカ・コーラ体育大賞”で祝賀公演。新人賞を受賞したフィギュアスケートのユヨン選手と”LIKE OOH-AHH”1 2 を踊った。
  • 17日 Mnet”エムカウントダウン”の”時を駆けるチャート”コーナーでソン・ダムビ”土曜日の晩に”、イ・ヒョリ”U-Go Girl”を披露した。収録終了後のミニファンミーティングでミナの誕生日を祝った。またTWICEのメンバーが交代でエムカウントダウンの臨時MCを務めることが発表された。

イ・ヒョリ
1990年代後半の人気アイドルグループ”FIN.K.L”のメンバー。韓国未発売の日産キューブ、フィガロを愛車にしていたことがある。

  • 25日 ”韓国ケーブル放送大賞”でオープニングを飾り、”ケーブルTV音楽PDが選ぶ最高の歌手賞”を受賞した。

4月

  • 2日 蚕室球場で行われたプロ野球LGツインズの始球式 1 2にTWICE全員で参加。
  • 3日 ”THE STORY BEGINS”のフォトカードの中でピンクカード9種類を全て集めた人を対象にした”ピンクカードイベント”開催。午後6時から午後8時までの2時間、各種スペシャルダンス、質疑応答、最後はファンとのハイタッチで締め充実したファンミーティングとなった。
  • 4日 ”LIKE OOH-AHH”Youtube視聴回数5000万回突破。デビュー曲の視聴回数5000万回突破はガールズグループ初。1日当たり約30万の視聴があったことになる。

  • 10日 ”2016 KCON東京”に参加、初の日本公演となった。“LIKE OOH-AHH”のスペシャルダンスパフォーマンス、2PMのステージにも登場した。

  • 14日 TWICEが広告に出演しているカバンブランド”redcettu”主催のファンサイン会開催

  • 16日 MBC”音楽中心”500回特集に出演。TWICEがGFRIENDの“Me Gustas Tu”を、GFRIENDがTWICの“LIKE OOH-AHH”を歌った。このステージの動画は”音楽中心”の動画の中で最多視聴回数と最多「いいね」数となった。翌日100万回を超え音楽番組3番組の中で最も多くの人が見たステージとなった。

  • 25日 2ndミニアルバム”PAGE TWO”発売、タイトル曲”CHEER UP”は各音楽配信(音源)サイトのリアルタイムチャートで1位となった、これがTWICEデビュー以来初の1位。TWICEのメンバーは新曲発売記念VLIVEを終え寝る準備をしていたことろ、ジョンヨンが1位達成の情報を知りTWICE全員で喜び合った。中には涙を流したメンバーもいたという。午後7時45分からカムバックショーケース開催。生中継のVliveは32万人が視聴した。

音源と音盤
CDやレコードは韓国語で음반、漢字にすると音盤。CDに対してデジタル配信のことを음원 漢字に直すと音源と表現する。
韓国っぽく表現するとCDショップは”音盤販売店”で、レコチョクのような音楽配信サイトは”音源サイト”になる

カムバック
新曲を発売すること。例えば9月1日に新曲発売を発表したとする。日本の場合記事の見出しは「AKB48 9月1日新曲発売!」になるが韓国は「TWICE 9月1日カムバック!」になる。そのほか新曲発売後、初のステージを「カムバックステージ」、新曲の発売予定を「カムバック予定」と表現する。

  • 27日 “CHEER UP”Youtube視聴回数が48時間で500万突破。27日11時には600万を超え、深夜時間帯を含んでいるにもかかわらず相当早いベースで視聴回数が増加した。”LIKE OOH-AHH”の視聴回数が5500万を突破した。午後6時30分ichartで曲の発売日基準で最短パーフェクトオールキル達成。
  • 29日 “CHEER UP”Youtube視聴回数1000万回突破

5月

  • 1日 ”PAGE TWO”のCD初動売上が4万枚を突破。ガールズグループとしては少女時代、f(x)に次ぐ記録。これまで4万枚を超えたグループはデビュー2~3年後に達成しているので、デビュー6か月での達成は歴代最短記録。
  • 5日 Mnet“エムカウントダウン”で初1位達成。この後初1位記念Vliveを放送した。

TWICEを選抜したオーディション番組”SIXTEEN”の初放送が1年前の5月5日。そしてこの日”SIXTEEN”で脱落したソミがI.O.Iのメンバーとしてデビューステージを飾った。

  • 6日 KBS”ミュージックバンク”で1位達成、地上波初1位。普通アンコールステージは30秒程度だが、この日は2分を超えた。
  • 7日 ”CHEER UP”Youtube視聴回数2000万回突破、Youtubeビルボード25位。上岩SBSプリズムタワー前でゲリラコンサート開催。千人ほどのファンの前で8曲を歌った。

  • 8日 SBS”人気歌謡”で1位達成、音楽番組オールキル。

  • 11日 ”LIKE OOH-AHH”Youtube視聴回数6000万回突破。

  • 13日 汝矣島ONE IFCモールで4回目のファンサイン会開催。放送も行われた。TWICEは”CHEER UP”ミュージックビデオのコンセプト衣装でステージに登場した。

  • 19日 “CHEER UP”Youtube視聴回数3000万回突破。Ment”エムカウントダウン”1位奪還。

  • 20日 KBS”ミュージックバンク”1位奪還。今回の放送でもアンコールが2分を超えた。

  • 21日 午前5時”CHEER UP”がメロンチャートで489時間1位を記録、2016年最長記録を更新した。カムバック大戦と言われ、強豪歌手が続々とカムバックした中での記録達成だった。

当時のTWICEは”将来有望なガールズグループの一つ”程度の存在で、同時期にカムバックした防弾少年団・AOA・楽童ミュージシャンより格下だった。

この当時TWICEはK-POP信者(もちろん日本人)から激しい批判を受けていた。「TWICEの1位は金で買ったもので、TWICEは人気がないから声援が少ない」というような批判があり、その批判を見た韓国人ファンが目立つところに上の動画を貼ったものと思われる。

https://www.twicefan.club/twice/anti-twice/kpop-twice-anti
  • 22日 SBS”人気歌謡”1位
  • 26日 Mnet”エムカウントダウン”1位、初のトリプルクラウン達成。”CHEER UP”Youtube視聴回数3500万回突破、公約のTWICEアベンジャーズバージョンを公開した

トリプルクラウン
ミュージックバンク以外の音楽番組は3回1位になると殿堂入り扱いで翌週以降ランキングから除外される。

  • 29日 SBS”人気歌謡”1位で2度目のトリプルクラウン達成。この番組を最後に5週間に渡る「CHEER UP」活動を終了した。

4月25日からここまでのTWICEを韓国っぽく表現すると

“4月25日”CHEER UP”でカムバックしたTWICEは、発売直後に音源チャートオールキル。5月5日エムカウントダウンでデビュー初1位を記録。防弾少年団、楽童ミュージシャンの新曲発売で1位を明け渡すも、すぐに逆走を開始し1位を奪還。5月29日エムカウントダウンに続き人気歌謡で2度目のトリプルクラウンを達成し5週間に渡る2集活動を終えた。”

まあこんな感じ

  • 30日 KBS”ミュージックバンク”の順位に訂正があり1位になる。メロン5週連続人気賞達成、音源の強さとファンの投票で達成した5週連続人気賞は歴代ガールズグループ初の記録。
  • 31日 蚕室球場のLGツインズ戦の始球式に全員で出席。中継を担当したMBC SPORTS+はTWICEのステージを1分20秒という異例の長さで放送した。

6月

  • 3日 ”CHEER UP”Youtube視聴回数4000万回突破、歴代ガールズグループ最短記録。活動を終了したに関わらず、KBS”ミュージックバンク”で1位達成。
  • 9日 Mnet”エムカウントダウン”でスペシャルステージ、SIXTEENのオープニング曲”I’m gonna be a Star”を披露した。ジョンヨンはSBS”ジャングルの法則”での怪我のため出演せずチェヨンがジョンヨンのパートを受け持った。

  • 10日 KBS”ミュージックバンク”でも“I’m gonna be a Star”を歌う。”CHEER UP”がまた1位になり、少女時代以来初めてミュージックバンクで5週1位を記録したガールズグループになった。ジョンヨンはこの日もステージには参加しなかったがアンコールステージに登場し、ファンを喜ばせた。

  • 11日 MBC”音楽中心”の事前収録終了後にミニファンミーティング開催。今回の活動のファンの応援に対する感謝としてTWICEが逆総攻、ファンにコーヒーを御馳走した。

  • 15日 ”LIKE OOH-AHH”Youtube視聴回数7000万回突破。

  • 17日 水原でのスーパーCONに参加(ジョンヨンは足の負傷のためにステージには不参加) 、モモとチェヨンがMCを担当した。この日TWICEは500人分以上の応援席を配分され、他ファンの流入を防ぐために、音源購入、メール投票の証明が出来ないものに対し、「TWICEテスト」を実施した。1stミニアルバムのカラーのレッドと2ndミニアルバムのカラーのミントの応援棒が無料で配布された。

  • 21日 “CHEER UP”Youtube視聴回数5000万回突破、韓国アイドルグループ最短記録。

YouTubeのアイドルグループ最短記録
アイドルグループ最短記録=PSYに次ぐ2番目という意味。YouTubeの視聴回数の記録はPSYが億単位の記録を持っているため超えることは不可能。

  • 23日 ガオンアルバムチャートで8週間5位以内にランクイン、PSY”江南スタイル”を抜いて歴代1位となる。
  • 24日 KBS”ミュージックバンク”上半期決算に出演。上半期の大ヒット曲”CHEER UP”をはじめ、他グループとのコラボで3つのスペシャルステージを披露した。

  • 音楽配信サイト”ジニー”で2か月連続月間1位達成。これは過去3回しか達成されていない記録。

7月

  • 3日 SBS”人気歌謡”の新MCにジョンヨンが実姉で女優コン・スンヨン(元SMエンターテインメント練習生)、俳優のキム・ミンソクと共に抜擢。TWICEとオープニングステージを飾った。
  • 6日 2ndミニアルバム”PAGE TWO”のフォトカード30種類を全て集めた人を対象にした”CHEER UP スペシャルイベント2”開催。6月29日から申請開始、JYPは500人程度の人数を予想していたが1100名を超えたために会場を変更した。TWICEのヒット曲ステージ、運動会、直筆手紙の朗読など充実した内容で「ヘジャイス」らしいファンミーティングだった。

  • 10日 SBS”人気歌謡”のスペシャルステージ“ウルトラダンスフェスティバル”にミナが出演、各グループのダンス担当6名で”六何原則”というグループ名でダンスを披露した。
  • 14日 ”CHEER UP”Youtube視聴回数6000万回突破

  • 23日 ”SuperStar JYPNATION”発売記念イベントに参加、ゲーム中CHERR UPの高得点者100名を対象にしたイベントで上位10人の対決とファンミーティングを兼ねたものだったが、ミナが全体の2位になった。

  • 27日 MBC every1″週間アイドル”にGOT7、BTOB、GFRIENDと共に出演、ジョンヨンの変なダンス、モモの愛嬌、Cheer Up2倍速ダンス等を披露した。

  • 28日 “LIKE OOH-AHH”Youtube視聴回数8000万回突破。

  • 29日 KBS”ミュージックバンク”で”CHEER UP”が3位になる。順位が降下していたが再び上昇した。発売後3か月を経過していることを考えると、驚異的である。

8月

  • 1日 音楽配信(音源)サイトメロンで週間順位5位以内の記録ソユ&ジャンギコの10週を抜いてCHEER UPが11週の新記録を更新した。アメリカ・ロサンゼルスで開かれたKCONに参加した。
  • 6日、7日 JYP NATIONに参加。JYP所属歌手40余名が総出演し、今回は”MIX&MATCH”のスローガンのもと、JYPを代表する39曲を多彩なコラボで披露した。会場で販売されたTWICE関連グッズが15分で完売し、ファンの要請でオンライン販売が決定した。

  • 12日 2010年以降デビューのガールズグループで初めてCD販売数15万枚を超えた。

  • 22日 韓国最大の音楽配信サイト”メロン”で8月3週目に7位を記録。JYPの先輩WONDER GIRLS”TELL ME”の歴代最長記録17週に並んだ。

  • 27日 SBS”人気歌謡”に出演、ペク・アヨン、ユジュ(GFRIEND)、イ・スヒョン(楽童ミュージシャン)と共にイ・ヒョリの“u go girl”のアコースティックバージョンを披露した。平昌冬季オリンピックの成功を祈願するKBS”開かれた音楽会”に参加。

9月

2日~4日 ”2016 JYPNATION JAPAN”参加、KCONに続く2回目の日本公演となった。最後の公演が始まる前にTWICEのメンバーが次々と交代でVlive 1 2 3 4 5 6を放送した。

  • 7日 光州広域市全南大学大講堂で開かれた青春問答に出演。
  • 8日 ソウル高尺スカイドームで開かれた平昌冬季オリンピックK-POPフェスティバルに参加した。当初は参加の予定はなくポスターにも載っていなかったが、日本公演中に突然出演が決まり、ガールズグループとしては多い500席を配分された。日本から帰国後すぐに光州へ行き、ソウルに戻ってすぐコンサートという強行日程にファンが憂慮したが、歌手が見えないほどの視野とカメラワークのせいで最悪の公演となった。

  • 10日 予告のあったNAVER Vliveファンミーティングを2時間7分開催した。赤と黒の儀仗隊風のファッションで登場しゲームや公演を行った。

  • 11日 京畿道華城市華城総合タウン主競技場で開かれたWorld Friends Music Festivalに参加。「CHEER UP」「LIKE OOH-AHH」「Precious Love」「Do It Again」を歌った。

  • 20日 「LIKE OOH-AHH」Youtube視聴回数9000万回突破。

  • 24日 仁川韓流コンサートに参加。メンバーの髪の毛の色が変わった。

  • 29日 スターアベニューで開かれた外国人観光客歓待週間開幕イベントに参加、数日前に報道されたカムバック準備のためか、帽子やかつらをかぶるメンバーがいた。

  • 30日 慶南昌原市昌原総合運動場で開かれた2016K-POPワールドフェスティバルに参加。

10月

  • 1日 MBC上岩文化広場で開かれたDMCフェスティバル2016開幕公演に参加、”CHEER UP”を歌った。
  • 2日 DMCフェスティバルに再出演、今回はアジア太平洋アワード授賞式の祝賀公演で9月のファンミーティングの儀仗隊風の衣装で登場した。ナヨンとチェヨンがインスタグラムにRED VELVETのロシアンルーレットのダンスをアップしたinstagram

  • 7日 24日のカムバックが確定

  • 8日 2016DMCフェスティバルコリアンミュージックウェーブに参加、TWICEの曲だけでなく、少女時代のGEE、ツウィがハニ(EXID)、ソリョン(AOA)とWONDER GIRLSのTELL ME、防弾少年団とG-FRIENDと共にSUPER JUNIORのSORRY SORRYを歌った。

  • 10日 TWICEのカムバックスケジュールが発表された

  • 16日 ソウル総合運動場野球場で開かれた韓国プロ野球プレーオフ ネクセンヒーローズVSLGツインズの始球式にミナとチェヨンが参加した。Daum

  • 20日 デビュー1周年。2016年42週ガオンチャートで”CHEER UP”のストリーミング数が93,733,703回となり2016年1位を達成。”CHEER UP”Youtube視聴回数9000万回突破 デビュー1周年Vlive

  • 24日 3rdミニアルバム”TWICEcoaster : LANE 1″タイトル曲”TT”発売。開始直後に8大音源チャートをオールキルした。午後8時よりカムバックショーケース開催、今回もVliveで生放送された。ショーケースVlive

  • 25日 ”TT”Youtube視聴回数500万回突破、24時間でのガールズグループ新記録。SBS”チェ・ファジョンのパワータイム出演”、新曲の紹介やミュージックビデオ撮影の裏話などをした。ダヒョンとチェヨンは”ベク・ジョンウォンの三大天王”収録のため不参加。ソウル総合運動場野球場で開かれた韓国プロ野球プレーオフNCダイノスVSLGツインズの始球式にモモとジヒョが参加。

  • 28日 ”TT”Youtube視聴回数2000万回突破。

11月

  • 1日 ジョンヨンの誕生日でもある日。ArirangTV“アフタースクールクラブ”出演後、SBS”THE SHOW”事前収録を終えて蚕室体育館のSBSFMラジオ20周年記念コンサートに出演し、またSBSに戻って1位もらってMBC”テイの夢見るラジオ”に出演、ダヒョンは”週刊アイドル”の収録、KBSではジョンヨン、サナ、ジヒョが出演したトリックアンドトゥルーが放送された。
  • 2日 デビュー後初めて”ショーチャンピオン”出演、1位達成。”週刊アイドル”ビハインド映像編が放送されKBS”ミュージックバンク”スターダストに出演。LGのTWICEスピーカー発売記念イベントに参加するはずだったが、イベント前に某テレビ局のインタビューが長引いてイベントに遅刻した。”TT”Youtube視聴回数3000万回突破。

  • 3日 Mnet”エムカウントダウン”(https://www.youtube.com/watch?v=3B4igIQ7MPQ “エムカウントダウン_twice_YouTube”)出演、1位。

  • 4日 ”スターがWhatタ”FaceBookで”TWICEがWhatタ”というタイトルでライブインタビューが行われた。KBS”ミュージックバンク”出演、1位

  • 6日 SBS”人気歌謡“出演、1位。

  • 7日 ”TT”Youtube視聴回数4000万回突破。

  • 11日 7時30分、”LIKE OOH-AHH” Youtube視聴回数1億回突破。

  • 14日 ”TT” Youtube視聴回数5000万回突破。

  • 16日 TTのメロン累積1位時間が489時間を超え、G-FRIENDの”Rough”を抜いて2016年2位となった。1位はもちろんTWICEの”CHEER UP”で562時間。

  • 17日 ”CHEER UP”Youtube視聴回数1億回突破、韓国アイドルグループ歴代最速記録であり、デビューから2曲連続で1億回を超えたのは歴代初。ガオンチャートのストリーミング数も1億回を超え、女性歌手として初めて1億-1億を達成した。さらに3rdミニアルバム”TWICEcoaster : LANE 1″の販売量が20万枚を超え、ガールズグループとしては少女時代以降初の20万枚突破となった。アイドルグループの三大指標、ミュージックビデオ、音源、音盤の全てで達成するのが難しい記録を数時間の間に達成した。ダヒョンが修能試験を受験した。

  • 19日 Melon Music AwardsでTOP10と大賞の1つ「今年のベストソング賞」受賞。ガールズグループが大賞を受賞したのは2011年の少女時代、2NE1以来5年ぶり。

  • 20日 TTがメロンで25日間1位を記録、CHEER UPの24日を抜いて2016年1位となった。SBS”人気歌謡“で10000点オーバーで1位、トリプルクラウン達成。

  • 21日 TTがメロンで4週連続1位となり、2010年の集計以来初の9冠(CHEER UP5冠、TT4冠)を達成。

  • 26日 MBC”音楽中心”でTT活動を締めくくった。活動期間に応援してくれたファンのためにファンミーティングの開催を発表したが1200名を超える申請があった。事前収録終了後、ささやかな間食とコーヒーを準備したファンミーティングを開催した。

  • 28日 TTがメロン週間人気賞5週連続1位、”CHEER UP”の5週連続1位に並ぶロングラン記録。ちなみにガールズグループで週間人気賞5週連続1位になったのはTWICEだけである。

12月

  • 1日 11月の月間チャートをオールキル、5月も”CHEER UP”でオールキルしており、2か月オールキル達成したのは2016年TWICEだけである。
  • 2日 KBS”ミュージックバンク”5週連続1位を達成するも、 Mnet Asian Music Awards参加のために香港にいて番組を欠席。Mnet Asian Music Awardsではベストガールズグループ賞と大賞の一つ”今年の歌”を受賞し最高の一年だったことを証明した。

  • 4日 KBS”開かれた音楽会”出演、11月11日に収録した済州環境コンサートを放送したものでTTとCHEER UPを披露した。放送中、ジヒョがツウィに2ndアルバムのタイトル曲を質問するとツウィが力強く”LIKE OOH-AHH”と回答したり、モモがステージから転落しそうなったりした。

  • 7日 CHEER UPがGAONチャート年間決算で1位となる。当初は4月末の発売は不利と言われていたが1~2月発売のヒット曲を逆転した。
    “TWICEcoaster : LANE 1″がハントチャート集計で15万枚を突破、実売数を計算する方式になってから15万枚を超えた初のガールズグループとなった。ガオンチャートでも22万枚を超え、”PAGE TWO”とガールズグループ1位2位を占めている。

  • 8日 TTは11月ガオンチャートの月間ストリーミング回数1位。2846万回は歴代1位の記録。つまり、KPOPの歴史上1か月間に最もストリーミングされた曲がTTである。

  • 23日 KBS”ミュージックバンク”年末決算に出演、CHEER UPとTTの短縮バージョンとオーマイガールの”WINDY DAY,A-ingを歌った。

  • 24日 MBC”音楽中心”に出演した。クリスマスイブに合わせた赤い衣装でTTを披露し検索ワード1位になった。
    KBS”演芸大賞 2部”のオープニング公演に出演、予告通りギャグコンサートチームとの合同ステージで、コメディアンの無理な女装でTTを踊るくだらないステージだったが、もともと演芸大賞はそういうものなので仕方ない。

  • 25日 SBS”演芸大賞”の祝賀公演に出演。パク・スホンとのコラボでクラブピート風のTTを披露した。

  • 26日 SBS”歌謡大戦”でソンミの”24 hours”とパク・ジニョンの”Who’s your mama?”合同ステージ、アコースティック合同公演(ジヒョ)があったが、TWICE自体のステージは放送局のミスで台無しになった。

  • 29日 KBS”歌謡大祝祭”出演。“CHEER UP”、”TT”を歌った。スペシャルステージでは、RED VELVET、IOI、G-FRIENDと共に少女時代の“Into The New World”を歌い、それとは別にモモはガールクラッシュコンセプトでInfiniteの“Be Mine”を、ミナはファン・チヨルの“Missing You”でバレリーナとして登場した。ボーカルステージではジヒョがユン・ドヒョンバンドの“나는 나비”、ナヨンは実母と共にノ・ヨンシムの“그리움만 쌓이네”をしっとり歌いあげ、ダヒョンは現場MCとして活躍するなど、番組全般に渡って登場した。

  • 31日MBC”歌謡大祭典”出演。全体的に90年代のレジェンドの帰還コンセプトで進行し、オープニングステージでイ・ヒョリの“U-GO-Girl”、人形の舞踏コンセプトでアレンジした“TT”ステージ。また2016DMCフェスティバルに続いてツウィ、ハニ(EXID)、ソリョン(AOA)のビジュアル暴行ユニットがピンクルの“내 남자친구에게”を歌った。

2017年

1月

  • 3日 ”TT”Youtube視聴回数1億回突破。公開71日での記録達成はKPOPアイドル歴代最速記録でありTWICE自信が持っていた”CHEER UP”の207日を3分の1縮める驚くべき記録である。TWICEはタイトル曲が全て1億回を突破し、突破速度も1位2位4位を占めている。
  • 6日 KBS”ミュージックバンク”1位、音源がチャート上位に定着していたうえに、”TWICEcoaster : LANE 1″クリスマスパージョンの効果もあった。これで”ミュージックバンク”6冠となり、少女時代のTHE BOYSに並ぶ歴代タイ記録。

  • 13日 31回ゴールデンディスクでデジタル部門本賞受賞、Melon Music Awards今年のベストソング賞、Mnet Asian Music Awards今年の歌に続き3つ目の大賞受賞となった。ジヒョ、サナ、ツウィがそれぞれ母国語で受賞コメントし、MCがコメントをまとめて次に移ろうとしたが、PDの裁量でTWICE全員がコメントできることになり、アンコールステージも長めに放送された。
    Youtube 1
    2 3

  • 19日 26回ハイウォンソウル歌謡大賞に出席、本賞、ダンスパフォーマンス賞、最高音源賞を受賞した。”Do It Again”(ジョンヨン、モモ、チェヨン)、”Precious Love”(サナ、ミナ、ダヒョン)、”JELLY JELLY”(ナヨン、ジヒョ、ツウィ)を歌ったあと全員で “TT”と “CHEER UP”を披露し充実したステージとなった。

  • 22日 ソウル特別市広津区YES24ライブホールでCD購入特典のスーパーカードと27種類のフォトカードを集めたファンを対象に「スーパーイベントファンミーティング」に出席。集まった2千人のファンとの交流を楽しんだ。このファンミーティングの模様はDVDで販売予定で撮影禁止だったが、数人のファンが無断撮影して退場処分を受けた。

2月

  • 1日 TWICEの20日カムバックが確定
  • 9日 ”LIKE OOH-AHH”がストリーミング1億回を突破、CHEER UPに続き2曲連続でYoutube視聴回数1億回、ストリーミング1億回を突破した。これまで1億-1億を達成した曲は3曲あるが、そのうち2曲はTWICEの曲である。

  • 17~19日 TWICEの初単独コンサート”TWICELAND THE OPENING”をオリンピック公園SKハンドボール競技場で開催、
    全席完売し視野制限席まで解放した。「TWICEと一緒に遊園地」というコンセプトでこれまでの持ち歌に加えユニットステージ、アニメソング、ボーイズグループのカバーなど”ヘジャイス”の名にふさわしい3時間を超える充実した内容だった。特に最終日は新曲の公開に加え4時間を超える公演となった。コンサート開始前にコンサートグッズが販売開始1時間で品切れになる品目が出始め、個メンバーのファンダムがスローガンを無料配布した。このほか、ファンが企画してJYPが進行する企画の一環として、初日「夢が現実になったね」、二日目「輝く星になったから」、最終日「ONE IN A MILLION」と書かれたスローガンを配布した。また最終日には20日に公開予定の新曲”KNOCK KNOCK”を先行公開した。エンディングのコメントも終えてTWICEが退場した後、TWICELANDのビハインド映像の上映、”KNOCK KNOCK”のティザーが上映された後にTWICEが新曲のヘアスタイルと衣装で戻ってきてONCEを熱狂させた。

  • 20日 スペシャルアルバム”TWICEcoaster : LANE 2″タイトル曲”KNOCK KNOCK”発売。数時間前に初の単独コンサートを終えたTWICEが23:30分からカウントダウン放送をした。Vlive発売と同時に各音源チャートで1位。

  • 21日 0時20分、”KNOCK KNOCK”Youtube視聴回数1000万突破。”TT”が24時間で580万回だったので、非常に速い速度で視聴回数が上昇している。

  • 22日 ”GAON CHART K-POP AWARDS”に出席。今年の音源賞部門で4月賞(CHEER UP)、10月賞(TT)を受賞した。また、デビューから今までTWICEのスタイリングを担当してきたチェ・フィソン氏が「今年のスタイリング賞」を受賞、TWICEのタイトル曲3曲を手掛けたブラックアイド・ピルスンが今年の作曲家賞を受賞、解散したJYPの先輩WONDER GIRLSに代わって7月賞を代理受賞した。放送では初めての”PIT-A-PAT”と”TT”を披露した。

  • 24日 6月28日に日本デビュー決定。
    「TWICEcoaster : LANE 2」の初動販売がガールズグループとしては初めて10万枚を超える。

3月

  • 2日 Mnet”エムカウントダウン“出演、1位。デビュー500日目でもあり、ナヨンがイントロで500を連想させるポーズをとった。
  • 3日 KBS”ミュージックバンク“出演、1位。12175점は歴代3位の高得点。”TT”Youtube視聴回数1億5千万回突破、韓国アイドル最速記録。

  • 5日 SBS”人気歌謡“出演、1位。”KNOCK KNOCK”でも3大音楽番組オールキル。

  • 7日 ”THE SHOW”出演、1位。

  • 8日 ”SHOW CHAMPION”出演、1位。5つの音楽番組全てで1位となった。TWICE出演部分は2週間前に収録されたもので受賞コメントも録画だった。

  • 9日 Mnet”エムカウントダウン“出演、2位。テヨン(少女時代)との対決となったが、音源・投票等でわずかにリードしたが音盤の差2位になった。

  • 10日 KBS”ミュージックバンク”出演、韓国ケーブル放送大賞授賞式にも出席したが、朴槿恵大統領弾劾関連ニュースで放送が延期になった。

  • 12日 SBS”人気歌謡“出演、1位。音楽番組通算30冠達成。2週間の予定を3週間に延長した”KNOCK KNOCK”活動終了。

  • 16日 Mnet”エムカウントダウン”1位。活動を終了しているために出演はなく事前録画分が放送された。

  • 17日 KBS”ミュージックバンク“1位。先週の録画が放送された。

  • 21日 SBS”人気歌謡”1位、ボクシング番組のために放送中止になり21日に番組HPでの発表となった。CHEER UP、TTに続く3連続トリプルクラウンは番組史上初の大記録。

  • 24日 ”CHEER UP”Youtube視聴回数1億5千万回突破。ミナの誕生日Vliveとパク・ジニョン、ダヒョン、チェヨン、ツウィの予定になかったVlive放送があった

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

コメント