TWICE、韓国内の累積CD売上375万枚突破! FANCYも31万枚突破!

LOVELY JYP
LOVELY

2019年4月26日付スポーツソウル掲載、TWICEのCD売上関連ニュース翻訳など

TWICE 3年6か月でCD売上375万枚突破

2019年4月26日 スポーツソウル

TWICEの韓国での累積CD売上が375万枚を突破した。

2015年10月20日”OOH-AHH하게 (Like OOH-AHH)”をリード曲(タイトル曲)にしたデビューアルバム”THE STORY BEGIN”を発売し音楽界に登場したTWICEは、4月22日発売の7thミニアルバム”FANCY YOU”は25日ガオンチャート集計で31万4,323枚の売上を記録、これまでに発売した12タイトルの売上344万枚を加え、累積売上375万枚を突破した。

これに日本で発売した8タイトルの累積売上238万枚を加えると計600万枚を突破、アジアワントップガールグループとしての地位を確固たるものにした。

現在新アルバム”FANCY YOU”のリード曲”FANCY”がヒット中のTWICEは、25日Ment”エムカウントダウン”で華麗でパワフルなパフォーマンスを披露、今日26日KBS”ミュージックバンク”、27日MBC”音楽中心”、28日SBS”人気歌謡”に出演する。

(翻訳終わり)

マスコミプレーとは

今日、BLACKPINKの新アルバム”KILL THIS LOVE”がIZ*ONE”HEART*IZ”の初動売上記録を更新したらしい。

そのタイミングで出て来たのがこのニュース、これをマスコミプレーという。

例えば、もしこのまま何もしなければ

BLACKPINK 初動売上14万枚突破!歴代最高記録更新!

こんなニュースが巷にあふれることになる。

「BLACKPINKすげー!」的な空気が流れる中で

TWICE 韓国内の総売上375万枚突破!、日本も合わせると600万枚突破!

というニュースが出てきた。

TWICE 375万枚 vs BLACKPINK 14万枚

これを見たら「TWICEすげー!」って思うでしょ?

え?思わない?

これまでBLACKPINKの総CD売上は約40万枚。BLACKPINKは2016年8月デビューなので契約は残り約4年。

BLACKPINKはYG所属なので無事に契約を終了するとはとても思えないが、ここでは敢えて触れない。

BIGBANG VI
BIGBANG VI

TWICEのメンバーが日本で見知らぬ人からもらった大麻使用、飲酒運転、ひき逃げ事故、性暴行、脱税、違法撮影物の流布、賭博、食品衛生法違反などで逮捕され活動不能になりCD売り上げが375万枚で止まったと仮定する。

TWICEとBLACKPINKのCD売上の差は

375万枚-40万枚=335万枚

BLACKPINKの残り契約期間4年、TWICEを追い越すために1年間に売らなければならないCDは

335万枚÷4=83.75万枚

BLACKPINKがデビューから3年間で発売したCDは2タイトル、1年に換算すると0.666・・・、残り4年で発売が予想されるのは2.4タイトル、切り上げて3タイトルとして1タイトルあたり売らなければならないCDは

335万枚÷3=111.66万枚

普通のガールグループ並みに年2タイトル、4年で8タイトル発売すると仮定すると

335万枚÷8=41.875万枚

これを見たら「TWICEすげー!」って思うでしょ?

話をマスコミプレーに戻す。

TWICEの総売上375万枚はガールグループ最高記録とかそういう数字ではなく、ただの375万枚というだけで記録的に特に意味はない。

意味があるとするなら、BLACKPINKの初動売上新記録14万枚というニュースにTWICEの累積売上375万枚をぶつけて、BLACKPINKの記録を矮小化させる。

それ以外の意味はない。

これをマスコミプレーと言う。

JYPの広報不足に不満を募らせる韓国のTWICEファン

上の記事にあるJYPへの不満は、375万枚のニュースのようなマスコミプレーをやらないJYPに対する不満なはず、今回少しはスッキリしたんじゃないだろうか・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました