韓国人入国規制で韓国エンタメ株大暴落

DISCOGRAPHY

2020年3月6日付 スポーツ京郷掲載のK-POP関連ニュース翻訳。

日本の韓国人入国制限措置で韓国芸能界は超非常事態、株価も暴落

2020年3月6日 スポーツ京郷

韓国芸能界が文字通り凍り付いた。

日本政府は3月9日から中国、韓国に入国した外国人を14日間をホテル等の指定場所に隔離、公共交通機関の利用自粛を要請した。

韓国人ノービザ入国制度も中断、発給済みのビザも効力を停止する。

事実上、韓国からの入国を全面遮断する措置だ。

日本政府の突然の措置により韓国芸能界は慌ただしくなった。日本は韓流文化の最大の市場のひとつでもあるためだ。

既にコロナウィルスの影響で大きな打撃を受けた韓国芸能界は、日本の入国制限措置によってさらに委縮することが予想される。

日本で開催が決定済みの公演も中止が決まった。規模が大きいほど事態は深刻だ。

CJエンターテインメントが主催するKCON 2020は4月3日から5日まで幕張メッセで開催の予定だった。KCONは毎年韓国を代表するアイドルが大挙出演する大型イベントで、昨年は8万8千人が訪れ韓流パワーを証明した。今年も日韓グローバルグループIZ*ONEが出演予定で期待を集めていた。

しかし今回の入国制限措置により開催が危ぶまれ、CJは対応に苦慮している。(※その後延期決定)

既にコロナウィルス拡散より日本で開催予定だった韓国アーティストのコンサートが中止、延期が続いているが、入国制限措置が原因で開催中止を決定した事例も発生した。

SUPER JUNIORは25日26日埼玉スーパーアリーナで開催予定のコンサートの延期を決定した。SUPER JUNIORの日本公式ホームページは「振替公演の有無、返金などは追って発表する」と告知した。

TWICEの東京ドームコンサート延期の告知
TWICEの東京ドームコンサート延期の告知

3月3日4日の東京ドーム公演を4月15日16日に延期したTWICEの所属事務所JYPエンターテインメントも今回の入国制限措置に神経を尖らせている。

株価も直撃弾を受けた。大手芸能事務所の株価はそろって下落、SMエンターテインメントは4.71%下落した2万8,300ウォン、JYPエンターテインメントは6.51%下落した2万1,550ウォン、日本への依存度が高いYGエンターテインメントは9.11%下落の2,645万ウォン、KCONを主催するCJエンターテインメントは3.4%下落した12万5,200ウォンで同日の取引を終えた。

日本の入国制限措置がすぐに解除される可能性は薄い。

大統領府は日本に対し「相互主義に基づく措置を含め必要な対応を検討する」と遺憾の意を表すとともに、日本人に対する入国制限を示唆した。

(翻訳終わり)

韓国エンタメ企業の株価は続落

日本政府が韓国人入国制限措置を発表したのが5日、週末を挟んだ今日9日の韓国エンタメ企業の株価は下落を続けている。

企業名3月5日3月9日下落率
YG29,10025,100-15.9%
JYP23,05019,950-15.5%
SM29,70026,550-11.8%
CJ129,600116,600-11.1%

当然ながら、暴落中。

ただしエンタメ企業の株価下落が始まったのは2月半ばから。コロナウィルスの流行が止まらない以上、入国制限措置がなかったとしてもコンサートが開催できる保証はない。問題はコロナウィルスの流行にあるわけで、日本の入国制限措置が韓国エンタメ企業の株価に直接大きな影響を与えたといのは反日をこじらせ過ぎだろう。

それよりも「相互主義に基づく措置」の方が大事。日韓関係に一番足りないものが正にこれ。

これからは韓国よりも日本の「相互主義に基づく処置」に大いに期待したいw

コメント

タイトルとURLをコピーしました