K-POPアイドルの楽曲の著作権を取得して一儲けする方法

LIKE OOH-AHH デコバスK-POPニュース
LIKE OOH-AHH デコバス

2020年6月3日付スポーツ東亜掲載のTWICE関連ニュース翻訳など。

TWICEの著作権料をもらった? 収益率もすごい

2020年6月3日 スポーツ東亜

30代の女性キムさんは歌手キム・ボムスの1999年の曲”約束”の著作権を持っている。

5月28日オンライン著作権共有プラットフォームを通じて30万ウォンを投資、これで一定金額の著作権収益を得ることになった。

著作権者の死後70年間著作権は保証されるため、キムさんは長期間著作権収入を得ることができる。

現在の予想収益は年間約2600ウォン、収益率7.7%は少なくない金額である。

キムさんが”約束”の著作権を購入したのは好きな歌と歌手を支援したいためだった。

どうすればファンが著作権を持てるのか?

キムさんは世界初のオンライン著作権共有プラットフォーム”ミュージック カウ”を通じてインターネットオークションに参加した。

ミュージック カウはまず歌手と作詞・作曲家などの著作権者から著作権の一部を購入する。

そして著作権料の過去データを参考に金額を決定し、株式のように一株づつ分割してインターネットオークションを実施、入札数が設定した上限に達すると、上位から落札可能になる。

落札者は著作権料の一部を持つことになり、以降収益が保証される。

落札者間の取引も可能で、さらなる収益の窓口になる可能性がある。

2018年528%、2019年837%の収益率を記録したこともある。

著作権者はオークション開始からの上昇分の50%の収入を得る。

1株7,000ウォンから始まり最高21万ウォンの落札価格を記録したTWICE”LIKE OOH-AHH”の著作権者は、上昇分20万3,000ウォンに落札数をかけた金額の50%の収益を得る。

TWICEからイ・ソニ、トロットまで

このように人々がよく知っている曲もインターネットオークションにかけられる。ミュージック カウは音楽チャートで上位にランクインしたことがある曲がオークション対象になり、オークション参加者が一定の収益を得るためのシステムである。

TWICE "Like OOH-AHH(OOH-AHH하게)" M/V
TWICE LIKE OOH-AHH 2015-10-20
作詞 作曲 ブラックアイド・ピルスン,Sam Lewis
編曲 ラド

TWICE”LIKE OOH-AHH”は昨年21万ウォン(上昇率2900%)で落札され、ミュージック カウ史上最高落札価格40万ウォンを記録したWANNA ONE”Beautiful”に次ぐ2位を記録した。

トップアイドルの楽曲は、オークション参加者の収益を高める有力なコンテンツになった。

GOT7″NAVER EVER”が上昇率2400%、チャニョル&PUNCH”STAY WITH ME”が同2107%を記録したことがこれを裏付ける。

アイドルだけではない。

「イ・ソニ”동네 한바퀴”は上昇率533%を記録、神話、バービーキム、Gummyら中堅歌手もオークションを牽引している」とミュージックカウは説明した。

ファンと著作権者の疎通 共生の音楽生態系を構築

このようにオンライン著作権料共有プラットフォームでは、多彩なジャンルの歌手が人気を集めているが、単に経済的収益を得る事だけが目的ではない。

ファンは著作権を共有することで今までとは異なるファンダムの進化を追求する。

ストリーミングなど単に音楽を聴いて楽しむ次元から、歌手や作詞、作曲家などの創作者と著作権を共有することで積極的に消費文化を形成する。

創作者も自身が所有する著作権の一部をファンと共有することでファンダムを拡張し、自身のコンテンツを多くの人々に伝える機会を得る。

現在の著作権料分配システム的に創作者は多くの収益を得られない。

そのため「ファンと創作者が共生する健全な音楽生態系構築のために著作権共有が必要」という意見は多い。

実際にミュージック カウはK-POP新人発掘と才能ある創作者への支援など、収益のうち少なくない比率を音楽創作生態系構築のために投資している。

ミュージック カウのプロデューサー パク・ギョンジン氏は「アーティストとファンのコミュニケーションを通じて価値を分かち合える。ファンはファンダムの進化に参与し、創作者は新たな創作の機会を得る事が出来る」と語った。

(翻訳終わり)

LIKE OOH-AHHの著作権はどうなっているのか?

気になったので韓国著作権協会のホームページでLIKE OOH-AHH(OOH AHH 하게)の著作権者を調べてみた。

TWICE LIKE OOH-AHHの著作権者
TWICE LIKE OOH-AHHの著作権者

見にくいけど、SAM LEWISの管理出版社が株式会社ミュージック カウ アセット (주식회사 뮤직가우에셋 )になっている。

どうやらSAM LEWISが著作権を売り払ったらしい。

ミュージックカウのホームページで色々売っているので、人生一発逆転狙いたい人はオークションに参加してみよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました