TWICE 日本ショーケースツアー全席完売

TWICE「Heart Shaker」ティザー画像1 HEART SHAKER

12月14日付、スポーツ東亜掲載のTWICE関連ニュースの翻訳。

  • 来年の日本ショーケースツアーが全席完売した。
  • Heart Shakerが日韓共に好調な売上。
  • 今日19時からVLIVEで「Heart Shaker」を披露

日本列島強打 TWICE来年日本ショーケースツアー全席完売

スポーツ東亜
TWICEが来年の日本ショーケースツアーを全席完売させ、強力なチケットパワーを証明した。

JYPエンターテインメントによるとTWICEは来年1月19日愛知県瀬戸市文化センターを皮切りに22日福岡、23日広島、25日~26日大阪、29日東京、31日、2月1日埼玉など6都市8公演のショーケースツアーに突入する。

TWICE SHOWCASE LIVE TOUR 2018
  • 1月19日 瀬戸市民文化センター
  • 1月22日 福岡サンパレス
  • 1月23日 上野学園ホール
  • 1月25日 グランキューブ大阪
  • 1月26日 グランキューブ大阪
  • 1月29日 NHKホール
  • 1月31日 大宮ソニックシティ
  • 2月1日 大宮ソニックシティ

これに先立って、チケットの予約が始まったが大部分の都市で発売と同時に完売し日本に吹くTWICE人気熱風を再び証明した。

TWICEは6月28日ベストアルバム「#TWICE」を発売した。デビューとしては異例の東京体育館で2回のショーケースを開催、1万5千人を動員したが本格的なツアーを開催するのは今回が初めてでファンの反応も熱い。

TWICE Merry&Happy

TWICEは今年日本デビューと共に新記録行進を続け「アジアワントップグループ」の威厳を示した。日本デビューアルバム「#TWICE」、10月18日発売の日本オリジナルシングル「One More Time」が日本レコード協会からプラチナ認定を受けた。韓国ガールズグループとしては初めて同一年にシングルとアルバムのプラチナ認定を受け、さらに日本初アルバムと日本初シングルの2つでプラチナ認定を受けた韓国初のアーティストとなった。

この人気によってTWICEは12月22日放送の日本の代表的な年末特集番組、テレビ朝日「ミュージックステーション スーパーライブ2017」と31日放送の「第68回紅白歌合戦」に出演する。特に紅白歌合戦は6年ぶりに韓国歌手としては唯一の出演が確定し日本でのTWICEの地位を伝えた。

2017年、日本でトップ3の人気を集めたアーティストとしても認定された。ビルボードジャパンが12月8日発表した年間チャートのソングチャートと総合アルバムチャートを合算して算出したチャート「Billboard JAPAN Top Artist」でTWICEは日本のそうそうたる歌手の中で3位を記録した。

TWICEは12月11日発売のリパッケージアルバム「Merry&Happy」のリード曲「Heart Shaker」で7曲連続ヒット更新を続けて、韓国だけでなく日本のチャートでも猛威を振るっている。「Heart Shaker」は12月14日午後1時、Melon、Naver Music、Genie、Olleh Music、Mnet.comなど5つの音楽配信チャートで1位を記録し強大な底力を誇示している。日本でも12月13日音楽配信サイトで「Merry&Happy」が発売されると、Line Musicアルバムチャート1位、ソングチャートで「Heart Shaker」が1位「Merry&Happy」が6位、1日過ぎた14日も「Heart Shaker」1位「Merry&Happy」が6位に入り人気を集めている。

YouTubeの視聴回数も12月14日午後1時2285万回を超え、7曲連続1億回突破に向けて順調に記録を伸ばしている。5月に「TT」が韓国女性歌手としては初めて2億回を超えたTWICEは8月に「CHEER UP」11月に「OOH-AHH하게 (like OOH-AHH)」も2億回を超え韓国女性歌手としては初めて2億回突破MVを3曲持つグループになった。また「TT」は12月14日1時現在2億9623万回を突破し韓国女性歌手初の3億回突破を目前にしている。

TWICEは今日SBS LOVE FMファミリーコンサート「ウィズ フレンズ」に出演、「Heart Shaker」のステージを披露する。続いて12月15日KBS「ミュージックバンク」を皮切りにMBC「ショー!K-POPの中心」SBS「人気歌謡」に出演する。

TWICE3ヶ月連続1位 12月K-POP女性グループブランド評判

TWICE ポカリスエットCMビハインド

TWICE出演 MBC FM4U「夢見るラジオ」

コメント