TWICE「日本での人気? KARA,少女時代が作ってくれた道」

[エネルギー経済新聞 (에너지경제신문 )

9人組の人気アイドルグループTWICEが10月30日、初のフルアルバム「Twicetagram」を発売した。この日の午後4時、ソウル広津区イエス24ライブホールでショーケースを開催した。「Twicetagram」は、さまざまな思い出がこもったSNSのようにTWICEメンバー9人9色の多彩な魅力のこもったアルバムだ。ナヨン(22)、ジョンヨン(21)、ジヒョ(20)、ダヒョン(18)、チェヨン(18)が収録曲の一部を作詞した。TWICEは今年2月の「KNOCK KNOCK」、5月の「SIGNAL」に続いて「Likey」で、今年に入って三回目の新曲発売だが、疲れた気配なく今回も人々の目と耳をひきつけたいという抱負を力強く語った。ツウィ(18)は「カムバックするたびに期待と緊張感がある。多くの方が愛していただきたい」と述べ、ジョンヨンは「音源が公開される午後6時に必ずストリーミングして欲しい」と要請した。

タイトル曲「LIKEY」は「Cheer Up」などヒット曲をプロデュースしたブラックアイド・ピルスンが制作した曲。明るく元気な感じのメロディーをもとに「いいね」を押すようなポイントダンスで弾けるような魅力を加えた。特に中盤のモモ(21)のダンスブレイクが目を引く。モモは「ダンスブレイクを一人でするのは初めてなので負担だが、一生懸命振り付けを作った。リード曲(タイトル曲)に振付が入ってとても幸せ」と恥ずかしそうに笑った。

2015年の夏JYPエンターテインメントがMnetとタックを組んで制作したサバイバル番組「SIXTEEN」に出演したメンバーはTWICEに選抜されたか2周年を迎え万感が交差するようだった。

TWICEは、最近日本で発表した初のシングル「One More Time」の売上が20万枚を突破した。これは歴代海外アーティストのデビューシングル発売初週売上の最多記録。日本出身のサナは(21)は、「日本で多くの方がTWICEに関心を持ってくれるのはKARA、少女時代が作ってくれた道があったから。私たちがまだ未熟だが、ファンに近づいて行きたい」と語った。ジヒョは「モモSIXTEENの頃は消極的だったが、今はジョンヨンとルームメイトになって韓国語が上手くなり、積極的に自分の意見を言うようになってよかった」と賞賛した。ナヨンも「ミナはデビューした頃は声も小さく自信もないように見えたが「Likey」の重要なリフレインを務めて自信をつけた。皆さんがメンバーの成長に関心を持って頂けるとうれしいです」と語った。続いてTWICEが自ら思うTWICEの魅力が何なのかという質問にTWICEは神秘的ではなく親しみやすく、冗談が好きな性格。それが舞台やテレビ番組で自然に出てTWICEのコンセプトを生み出していると話した。

Published on October 31, 2017

Other articles you may like

Reader Interactions

Leave A Reply