K-POPアイドルグッズ購入代行詐欺被害が急増

セブンティーン K-POPニュース
セブンティーン

2018年11月13日付ソウルスポーツ掲載のTWICEトゥワイス関連ニュース翻訳

BTS・TWICE・セブンティーンの誘惑 韓流に便乗した日本の”K-POP詐欺”猛威

ソウルスポーツ 2018年11月13日

韓国のK-POPスターに熱狂する日本の青少年のファン心を悪用したインターネット詐欺犯罪が続発していると読売新聞が13日報道した。

主に女子中高生らにTwitterを通じてコンサートチケット、アイドルグッズを販売するとだまし現金を受け取ると姿をくらます。読売新聞は詐欺は韓国人によるもので韓国警察当局が摘発を強化していると伝えた。

東京在住の中学2年の女子生徒はK-POPアイドルグループ”SEVENTEEN”のソウルコンサート会場で販売される写真を購入するためSNSで購入代行業者と接触した。女子生徒は20枚セットの代金として6,000円を代行業者の銀行口座に振り込んだが、その後代行業者が姿をくらました。

女子生徒の両親は娘から事情を聴いたが、警察には通報しなかった。少額である事と警察に通報しても金が戻ってくるのは不可能と判断したためだ。

このように警察に通報しないことが多いため、K-POP詐欺の被害規模の把握が難しい。

日本ではTWICE・防弾少年団などのK-POPアイドルが女子中高生を中心に爆発的な人気を集め、いわゆる”第3次韓流ブーム”を起こした。ソウルで開催されるコンサートは”ソウルコン”と呼ばれ憧憬の対象になり、”ソウルコン”で販売される各種グッズは”お宝”と呼ばれる。人気アイテムは10倍以上の価格で取引される。

コンサート会場限定グッズを韓国のファンと接触して購入する場合も多いが、一部は代行業者の誘惑に負ける。身分証明書が必要ないSNSを利用して日本語でファンを勧誘する。定価の2~3倍という比較的低価格で販売するとだまし、代金を受け取ると連絡が途絶える。

読売新聞は「今年8月の防弾少年団ソウルコンサートなど、K-POP詐欺に遭ったという通報がインターネットだけで110件に達した」と報じた。日本の国民消費者センターによるとK-POP関連の詐欺被害相談が全国各地から寄せられている。

(翻訳終わり)

定価の10倍もするなら詐欺リスク回避も含め、自分で韓国に行って買うことを考慮してもいいんじゃないかと思うんだが・・・。