TWICEサナ インタビュー

サナYes or Yesビハインド画像 2018年11月5日サナ
YES or YES behind 2018-11-05

韓国のファッション雑誌Ceci2018年5月号掲載のTWICEサナインタビュー翻訳

Ceci

いつも笑顔ですが、ストレスを感じないタイプですか?

サナ「ストレスですか? 感じないわけでないですが、すぐに消えます。ひとりよりも友達やTWICEのメンバーと一緒にいることが好きです」

日本で活動する姿を見た家族の反応はどうですか?

サナ「両親はとても喜んでいます、同居している祖母はもっと喜んでいます。よくテレビ電話で話すのですが「幸福に生きられる ありがとう」と言ってました。テレビに出演した私の姿を写真に撮って送ってくれることもあります。私もとても不思議な気分ですが家族が喜んでくれるのでうれしいです」

パジャマを着たサナ
TWICEサナ

人気を実感しますか?日本でも活動して記憶に残る瞬間はありましたか?

サナ「子供の頃、同じ学校に通っていた友人から連絡がよく来ます。「みんなでTWICEのコンサートに行く」とか「親しい友人がTWICEのファン」とか話を聞くたびにとてもうれしくなります」

韓国のファンとと同じくらい日本のファンも情熱的に応援しているようですが?

サナ「ファンの方はどこに行っても私たちがステージに上がれば同じように応援して喜んでくれます。日本でハイタッチ会をやりましたが、10名くらいのお客さんに向かって「One in a Million こんにちは TWICEです」と挨拶すると「One in a Million こんにちは ONCEです」と返事が帰ってきてとても不思議でうれしかったです。私たちがお願いしたわけでもないのに、とても感謝しています」

3年間の活動で成長したと感じることは?

サナ「デビューした時はカメラの位置も把握できませんでした。今は把握しています、ファンが比較動画を作ってくれました。それを見ながら時間の流れの早さに驚きます。スケジュールが忙しい中でもアルバムのレコーディングやミュージックビデオの撮影をしっかりこなせるようになって、「こんな生活にも慣れたな」と感じます」

TWICEサナとジョンヨン
TWICEサナ

“忙しいスケジュール”と”個人の日常”、この二つのバランスをとるために努力していることはありますか?

サナ「私はいつもTWICEのメンバーと一緒にいます。それで忙しいスケジュールを終え宿舎でみんなでおいしいものを食べてストレスを解消して元気を出してバランスを取っています。何人かで集まってそれぞれ食べたい物の話をすると、必ず同じものを食べたいと思っている人がいます。刺身・ユッケ・ホルモン鍋などメニューも多様で、最近はタピオカティーもよく飲んでいます」

「父親ががいつも空港に迎えに来てくれて感謝している」という話を聞いたことがあります。暖かい家族ですね。サナは周囲の人達にどのように愛を表現しますか?

サナ「周囲の人たちが好きで大切に思っているので、それを体で表現します。抱きしめたりキスするまねをします。TWICEのメンバーには本当にキスします。いい時も悪い時もいつもメンバーを抱きしめています。日本に行って家族と車に乗るときは父が運転して母は助手席、私は後ろで祖母と一緒に座ります。子供のころから車に乗ると祖母の膝で寝ます。そうやって家族に愛を表現します」

その姿が目に浮かびます。”What is Love?”活動で期待することはありますか?

サナ「大学の学園祭に行きたいです。”CHEER UP”と”SIGNAL”で活動したとき、何度も学園祭に行きました。どこであれファンの方に会ってステージに立つのは楽しい事ですが、学園祭特有の熱気や雰囲気に大きなエネルギーを感じてどこに行っても一生懸命頑張らろうと思いました。学園祭独特のエネルギーをもらいに行きたいです」

ファッション雑誌CECIのTWICEインタビュー
TWICE

Ceci5月号 他メンバーのインタビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました