「TWICE(日本)は嫌いだが韓流ブームは起こしたい」は通用しない

写真the_Fact_japan K-POPニュース

日本の放送局PD「”トッケビ”が来ても日本に韓流の栄光は二度と戻らない」

中国との関係悪化で韓流コンテンツの輸出に危機が迫って久しい。中国の嫌韓感情が日増しに激しくなり、コンテンツの輸出も停滞し国内ドラマ製作者の息も詰まった。これといった解決策もない。日本を見ても韓流は冷え切ったままだ。

文化輸出の旗印を掲げて得た熱風と政治的危機を理由に低迷を経験した日本で「韓流の危機」を脱出することは可能だろうか。日本の放送局TBS社長室国際部の韓流担当部長 ナガオアキラ氏(写真)との一問一答を通じて、その実体に少しでも近づいてみようと思う。ナガオ氏は2008〜2014年までに韓国ドラマ購入日韓共同制作などの業務を担当した日本国内の韓流コンテンツの専門家。私たち韓国人には耳が痛い毒舌だが、彼の回答をそのまま引用する。

TBSプロデューサーとの一問一答

  1. 最近、韓国の放送コンテンツに対する日本の放送市場の雰囲気は?(契約の推進や編成が停滞しているのか?、停滞しているが続いていくのか?)

    日本の韓国コンテンツ市場は2012年以来、ずっと縮小の道を歩いていて、今は一部のファンのためのものになってしまった。数は少ないが一定の情熱的なファンがいるため衛星放送、DVDなどのビジネスが小規模ながらも続いている状態だ。これ以上落ち込むことはないだろうが2012年以前のように韓流コンテンツが日本で復活する兆しは見えない。

  2. 昨年韓流で人気を得た韓国ドラマ “太陽の末裔” “むやみに切なく” “トッケビ”などは、中国市場の好反応が主に伝えられた。これらの作品の日本市場の反応は?

    質問1で回答したように、現在の日本で韓国ドラマを見る人は一部のファンだけである。したがって例に挙げた3作品についても一般の人々はよく分からない。ファンの間では、優れた作品がその時その時話題になるが、韓国ドラマファンの人数が激減したため日本社会一般的には3作品は全て大きな話題にはならなかった。

  3. 日本で最も脚光を浴びているドラマコンテンツは?俳優は?歌手は?

    現在の日本では、例えば地上波芸能ニュースなどの一般的な日本の人々がよく見る情報の中で韓国コンテンツが話題に上ることはほとんどない。BIGBANG、防弾少年団が日本で公演すると、数万枚のチケットが完売するが、一部の熱狂的なファンと一般的な日本人のと認識の差が大きいようだ。

  4. 一時日本は韓国の放送や歌謡韓流の最前線にあった。今もその熱気は残っているが大衆的な関心は、多くの消えた。これに対する原因はどこにあると思うか?

    日韓関係の悪化が大きいようだ。韓国に対して好感を持たない日本人が確実に増えていることを感じる。以前は韓国を批判する人は、一部の右翼性向を持っている人だけだったが、最近は一般的な日本人の嫌韓発言をよく耳にする。また、韓国メディアの日本批判が多いという点にも原因があると考えている。韓国で報道された内容の多くがそのまま日本語に翻訳され、日本人の目に見えるようになる。記者は韓国世論を考慮して、日本に対し厳しく書いのだろうが、それをそのまま読んだ日本人が反感を持つようになる場合が多い。報道機関は自分たちの報道が「韓国を嫌う日本人を増加させてないか?」ということをよく考えてほしい。

  5. 韓流に対する日本の考えは、最近どのように変化しているのか?(例えば、サブカルチャー化した。マニア的文化になった等)・中国に依存していた韓流の輸出がTHAAD問題で逆風を迎えた。萎縮した状況を打開するには、第3者の立場で見た時何が必要だろうか。

    1で述べたように、日本で今韓国ドラマは「サブカルチャー、マニア的文化」だ。少数の熱狂的なファンの姿が韓国で時々報道されるため、韓国人は今でも、日本で「一般に受け入れられている」と勘違いしているかもしれない。どの国でも、自分たちに嬉しいニュースは多く報道され、自分たちには良いニュースは、無理に無視する傾向があるようだが、韓流が日本で大変な状況にあるという事実を、もっと正確に報道してほしい。

  6. 中国に依存していた韓流の輸出がTHAAD問題で逆風を迎えた。萎縮した状況を打開するには、第3者の立場で見た時、何が必要だろうか?

    中韓関係ついては申し上げる立場ではないが、中国は自由主義国家ではないので、政治と文化を別々に考えていることはない国だと思う。この点はいくら日韓関係が悪くなっても政府が韓流を禁止していない自由主義国の日本とは違う。

  7. 中国との関係が良かった時は、資本主義の論理で中国に人材が流出することが問題だった。また、著作権侵害とコンテンツ無断複製の問題も大きかった。中国とTHAAD問題が解決すれば、再びこのような状況になることがありどのような取り組みを準備しなければだろうか?

    同様中韓関係に申し上げる立場にはないが、人材の流出は自国内の産業規模が大きければ起こらないことである。著作権侵害の問題は権利意識の成熟度に起因する問題に過ぎない。現在、韓国が著作権侵害に関して中国に持っている感情を長い間日本は韓国に対して持っていた。

  8. 日本で韓流の危機に対してどのような意見があるのか。日本も1980〜90年代の文化輸出が活発したが、その後落ち込んだ。打開しようとする動きがあっただろうが、韓流の改善に参考になるようなことはあるか?

    これについては誤解がある。1980 – 90年代の日本のドラマブームは、日本が輸出に力を入れていないにも関わらず、アジア各国(特に台湾)で自発的に起こったブームであったが、その後、90年代以降、国が積極的に始めた韓流ブームと過程が違う。したがって、当時の日本ではドラマブームが落ちてもあまり問題には考えていなかったし、「打開しようとする動き」も全くなかった。その後、アジア全域で韓流ブームが起こり、その時初めて危機感を感じた日本は文化輸出に力を使うようになった。安倍政権成立後、最近の話だ。

  9. 韓国では政権交代があり、文化政策にも変化が予想される。個人的に韓国政府に望む韓流関連政策がある場合は?

    韓流関連というよりも、とにかく日韓関係を改善する政策を期待する。個人的には平和の少女上の合意が破棄されたりすると、日本国民の韓国に対する感情の悪化は決定的なものになってしまう。韓国人は、現在日本で一般的なレベルで韓国に嫌悪感を持つ人の増加を甘く見ているようだ。韓国国内での反日感情を静め、未来志向的に変わらないのであれば、一般的な日本人の間で韓国のコンテンツが流行していることは再度起こらないと思う。「私たちは、あなたが嫌い。それでも私たちが作ったドラマは買ってください」というのは通用しない。**

  10. 望ましい日韓文化交流のビジョンは?

    交流というのは、相互的である必要がある。韓国は自分のコンテンツを日本に送り出すことについては情熱的だが、日本のコンテンツを韓国で紹介することについては情熱的ではない。メディアがさらに、日本の優れたコンテンツを韓国で積極的に紹介してくれればと思う。相手の文化を尊重せず、自分の文化だけを強要する関係はいつか反感を呼んで長く持続しない。

京郷スポーツ

韓流ブームが2度と起きない理由

相変わらず反省しない

このナガオアキラ氏の経歴を見ると

  • 日本の放送局TBS社長室国際部の韓流担当部長
  • 2008〜2014年までに韓国ドラマ購入日韓共同制作などの業務を担当した日本国内の韓流コンテンツの専門家。

どう見ても彼が韓流ブームを仕掛けた人間、つまり韓流ブームを終わらせた人間である。当然韓流ブームが終わった責任を政治と歴史に押しつけて自分の責任については一切認めてない。

この記事を書いたカン・ソクボン記者は「韓流ブームが終わった理由は政治と歴史問題だけではない」と認識している。

  • 정치적 위기를 핑계로 식어버린・・・
    (政治的危機を言い訳に冷えてしまった・・・)

解釈が難しいが少なくとも政治的危機を原因(원인)ではなく言い訳(핑계)と表現している。政治的危機を言い訳にして本当の原因が究明されていないから、今回のインタビューを企画したのかもしれない。人選に失敗した感はあるが、政治的な理由以外について触れている部分がある。

韓流は韓流信者だけのもの

K-POP、韓流ドラマ自体は音楽の一種、ドラマの一種であって特にマニアックな要素を持ってはいない。だが、KPOPや韓流ドラマを支えるK-POP信者や韓流信者が音楽やドラマを楽しむだけにしておいけばいいのに、なぜか過剰な韓国美化そして日本卑下を繰り返して一般人の反感を招いて、嫌感ブームを引き起こした。そうやってK-POP信者・韓流信者は自ら孤立化の道を選んだのに、また韓流ブームの再現を夢見る。これだでも支離滅裂なのに韓流ブーム再現のためにTWICEを利用したい、でもTWICEの人気が出るのは困るから中立を装って、あることないこと叩く。完全に狂っているとしか言いようがない。

韓流信者は切り捨てろ

韓流というコンテンツは供給量を間違えなければ一定の支持は得られるだろうが、既に韓流信者という害虫にたかられて誰も買い手がいない。もし本気で韓流ブームの再現を狙っているのなら、真っ先に韓流信者を切り捨てろ!

https://www.twicefan.club/twice/anti-twice/kpop-twice-anti
https://www.twicefan.club/k-pop/tips/korean-wave_anti-korean-sentiment_

コメント