慰安婦Tシャツを着たTWICEダヒョンを日本の政治家が批判

映画 不正取引 ダヒョン

2018年11月16日付スポーツ朝鮮掲載のTWICEトゥワイス関連ニュース翻訳

“防弾少年団→TWICE” ダヒョン慰安婦Tシャツを反日活動家と非難

スポーツ朝鮮 2018年11月16日

「慰安婦Tシャツを着たTWICEダヒョンは反日活動家だ」

日本が防弾少年団(BTS)ジミンの”光復Tシャツ”に続きTWICEダヒョンの”慰安婦Tシャツ”を問題化、紅白歌合戦出場を認めてはならないと主張している。

北海道議会議員で自由民主党所属の右翼政治家小野寺まさるは13日Twitterで「よくない知らせが来た。慰安婦Tシャツを着た反日活動家TWICEのダヒョンが紅白歌合戦に出場する。このTシャツは不適切に続く韓国慰安婦活動支援金に使用される」と主張した。

彼が指摘したダヒョンのTシャツは「日本軍性奴隷(慰安婦)被害者を援助するプロジェクトを進行する社会的企業マリーモンドの製品。防弾少年団ジミンの光復Tシャツに続き再び日本側が韓国代表K-POPグループ批判を開始した。

日本側の言いがかりがTWICEの前途を遮ることになるのか。TWICEは先日日本レコード大賞で優秀作品賞を受賞、年末にはNHK紅白歌合戦出場も予定されている。

防弾少年団はテレビ朝日”ミュージックステーション”出演が放送前日取りやめになったが、ドームツアーを続けている。

(翻訳終わり)

TWICEが誕生した時から、売れようが売れまいが日韓の政治歴史問題に巻き込まれて終わるだろうと思っていたが、まさか自分から問題を作り出すとは予想外だった。

誰が足首を掴んでいるのかを正確に把握すべき時だろう。

ここまでTWICEがJYPの未来の責任を負ってきたのだから、今度はJYPがTWICEの未来の責任を負って欲しい。