TWICE「Candy Pop」売上30万枚突破 ビルボードジャパン4冠

2018年2月7日発売のTWICE日本セカンドシングル「Candy Pop」が発売初週で売上30万枚を突破、ビルボードジャパンで

  • シングル1位
  • ルックアップ1位
  • 動画再生1位
  • ストリーミング1位

の4冠を達成、“JAPAN HOT100総合首位に輝いたというニュースの翻訳。


「ルックアップって何?」と思って調べてみたところ

ルックアップ
ビルボードチャートの構成要素に、ルックアップというものがある。これは、PCによるCD読み取り数のことで、グレースノート社のデータベースにアクセスした回数のこと。わかりやすくいえば、iTunesで読み込んで楽曲表示されたらカウントされるというものだ。つまり、ダウンロードやストリーミングではなく、フィジカルのCDを手にしている人の指標にもなるわけである。

【CHART insight of insight】ルックアップの順位からチャートが見える?嵐とGReeeeNが上位にいる理由

なるほど、これは色々使えそうなデータだね。

TWICE「Candy Pop」発売初週ビルボードジャパン4冠の気炎

OSEN

Candy Pop ビルボードジャパンとオリコンで1位獲得
TWICE ビルボードジャパンとオリコンで週間1位獲得

TWICEの日本セカンドシングル「Candy Pop」が発売初週30万3746枚(ビルボードジャパン発表)を売上枚数を記録、シングル部門など4冠王を達成しビルボードジャパンHOT100総合1位に輝いた。

2月14日ビルボードジャパンは「TWICEの日本セカンドシングルCandy Popが発売初週30万3746枚の売上を記録、シングル、ルックアップ、動画再生数、ストリーミングの4部門で1位となりビルボードジャパンHOT100総合1位を達成した

http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/60070/2

TWICEの他の曲もストリーミングと動画再生数が大幅に増加、100位圏内に計10曲を進入させる躍進を見せた。Candy Popの週間動画再生数は596万7235回で2位とは約300万の差があるうえ、前週より200万回増加しているため当分は上位を維持する見込み」と分析した。

Candy Popはオリコンでも週間チャート1位を獲得した。2月14日、日本最大のCD売上集計サイト・オリコンによると「Candy Pop」は2月5日~11日までに売上枚数26万5758万枚を記録しオリコン週間シングルチャートで1位を獲得した。

https://www.oricon.co.jp/news/2105693/

TWICEは2017年10月18日に発売した日本初オリジナルシングル「One More Time」が発売初週の売上枚数20万751枚を記録し週間チャート1位を獲得している。この記録は当時の歴代海外アーティストデビューシングル初動発売最多売上記録であり、日本アーティストを含め2017年初シングルを発売したアーティストの初動最多売上記録で話題を集めたことがある。TWICEは「Candy Pop」で「One More Time」の売上記録を上回った。

オリコンは2月13日「TWICEが海外アーティストとしては初めてデビューシングルから2作連続初動売上枚数20万枚突破」というタイトルの記事で「Candy Pop」の週間シングルチャート1位のニュースをいち早く伝えた。(略)

TWICEのスケジュール 2018年2月

TWICE「Candy Pop」売上25万枚突破 アメリカ・タイム紙も注目

TWICE 「Candy Pop」MVに出てくるオッサンはパク・ジニョンだった

TWICE「Candy Pop」発売初日11万枚売上げオリコン1位

TWICE 「Candy Pop」 ミュージックステーション 2018年2月2日