TWICEの2ndミニアルバム “PAGE TWO”

「PAGE TWO」ジャケット写真 DISCOGRAPHY
PAGE TWO

「PAGE TWO」は2016年4月25日に発売されたTWICEの2ndミニアルバム。タイトル曲「CHEER UP」。制作JYPエンターテインメント、流通KT MUSIC。


PAGE TWO 収録曲

Cheer Up

TWICE "CHEER UP" M/V
  • 作詞 Sam Lewis
  • 作曲 ブラックアイド・ピルスン
  • 編曲 Rado
  • 時間 3:28
TWICE 「CHEER UP」の歌詞 応援方法
TWICE "CHEER UP"作詞 Sam Lewis 作曲 Black Eyed Pilseung2016年4月25日発売。TWICEのセカンドミニアルバム"PAGE TWO"のタイトル曲。2016年ガオン年間デジタルチャート1...

CHEER UP MV 別バージョン

Precious Love

※原題は”소중한 사랑”

Precious Love
  • 作詞 パク・ジニョン, ソン・チェヨン
  • 作曲 パク・ジニョン
  • 編曲 ホン・ジサン
  • 時間 3:51

Touchdown

Touchdown
  • 作詞 Mafly
  • 作曲 Krissie Karlsson, Karl Karlsson, Nicki Karlsson, EJ Show
  • 編曲 The Karlssons, EJ Show
  • 時間 3:23

Tuk Tok

※原題は”툭하면 톡”

Tuk Tok
  • 作詞 キム・ミンジ(Jam Factory)
  • 作曲 チェ・ジンソク, Ronald “AV” Ndlovu, Emmanuel Jimenez, Courtney Woolsey, Stacy Hebert
  • 編曲 チェ・ジンソク
  • 時間 3:17

Woohoo

Woohoo
  • 作詞 ジャン・ジュノ, ジルリ
  • 作曲 ヨンガンエ オルグルドゥル
  • 編曲 ヨンガンエ オルグルドゥル
  • 時間 3:22

My Headphones on

※原題は”Headphone 써”

My Headphones on
  • 作詞 キム・ウンス
  • 作曲 Didrik Thott, Niclas Kings, Ylva Dimberg
  • 編曲 Niclas Kings
  • 時間 3:17

I’m Gonna Be a Star(CD bonus track)

  • 作詞 パク・ジニョン, オルティ
  • 作曲 パク・ジニョン, Frants, The Vanderveers
  • 編曲 パク・ジニョン, Frants
  • 時間 3:18

  • 総時間 24:02

PAGE TWO 売上

TWICEのCD売上枚数 (日本 韓国) 2018年12月3日更新
GaonchartWikipedianamuwiki韓国 タイトル 売上枚数 発売日 THE STORY BEGINS 158,922 2015年10月20日 PAGE TWO 286...

2016年

月間売上枚数累積売上枚数順 位
4月80,65680,6863位
5月34,577115,26311位
6月21,641136,9046位
7月8,410145,31412位
8月8,665153,97914位
9月5,384159,36316位
10月4,968164,33121位
11月7,061171,39226位
12月8,060179,45218位
179,452179,45213位

2017年

月間売上枚数累積売上枚数順 位
1月10,036189,48815位
2月7,114196,60218位
3月6,097202,69922位
4月3,850206,54930位
5月2,701209,25035位
6月4,866214,11624位
7月4,685218,80127位
8月218,801
9月6,779226,06119位
10月2,406228,46738位
11月228,467
12月228,467
49,748229,20069位

2018年

月間売上枚数累積売上枚数順 位
1月229,200
2月-8229,192|-
3月4,991234,18333位
4月-14234,169
5月17,607251,77611位
6月4,251256,02740位
7月1,559257,58666位
8月2,006259,59259位
9月1,609261,20153位
10月2,352286,55354位

2016年5月12日付GAONアルバムチャートによると4月26日の発売後80,686枚を売上げた。プレスリリースによると、5月1週までに約10万枚近く売上げた。5月16日、正式に10万枚を超えたと報じられた。2010年以降にデビューしたガールズグループの中では初めて10万枚を超えた。

アルバム10万枚以上を売上げたガールズグループは少女時代、2NE1、KARAなどの前世代グループだけであるため、驚異的な数字であるといえる。特に、デジタル音源市場が活性化され、ガールズグループのアルバム販売10万枚は大規模なファンダムがなければ不可能な数値だという点で、TWICEのファンダム拡大の速度が急激であることがわかる。

2016年8月12日に15万枚を突破し、2010年以降にデビューしたガールズグループの中で最初の記録を達成した。2016年は179,452枚を売上げガールズグループの年間アルバム販売量2位(1位はTWICEのTWICEcoaster LANE1)を達成し、2017年6月までに214,116枚を売上げている。

日本ではほとんど宣伝が行われていないにも関わらず発売5週間で1万枚を超えた。2017年2月までに1万5千枚以上を売り上げている。

この当時、TWICEは「期待の若手グループの1つ」的なポジションだったことと、人気アーティストの新曲ラッシュの時期と重なったために、マスコミの予想は「TWICEは初の1位をとれるか?」という程度の期待度だった。しかし発売と同時に各音源チャートを席巻、発売3日後にパーフェクトオールキル、GAONデジタルチャート週間1位と爆発的な売れ行きを見せた。

パーフェクトオールキル
主要音源チャートのランキングを集計してランキングを発表するIchartというサイトの基準で、主要音源サイト8社(当時)でリアルタイム、デイリー、ウィークリー全てで1位になること。

発売2週目は楽童ミュージシャンに屈するも3週目に1位を奪還、続く4週目も1位となり、通算3回の1位。通算25回のパーフェクトオールキルGAONデジタルチャート5月の月間1位に輝いた。

5月22日メロンチャートの2016年累積1位時間で、それまで1位だったG-FRIENDの488時間を超え、6月2日に562時間まで記録を伸ばした。(2位はTTの560時間)

6月以降も10位圏内を維持し続け、8月3週にJYPエンターテインメントの先輩WONDER GIRLSのTELL MEに並ぶ17週連続TOP10入りを達成した。

11月17日に女性アイドルグループ最速でストリーミング1億回を突破した。

最終的に2016年GAONデジタルチャート1位(ストリーミング1位、ダウンロード2位)を記録。2017年3月2週GAONデジタルチャートで65位にランクインしており、また何かの記録を更新する事が予想される。

音楽番組

月日番組名動画順位備考
4月28日エムカウントダウン動画
4月29日ミュージックバンク動画
4月30日音楽中心動画
5月1日人気歌謡動画
5月3日THE SHOW動画2位
5月5日エムカウントダウン動画1位デビュー後,初1位
5月6日ミュージックバンク動画1位地上波初1位
5月7日音楽中心動画
5月8日人気歌謡動画1位
5月12日エムカウントダウン動画2位
5月13日ミュージックバンク動画2位
5月14日音楽中心動画
5月15日人気歌謡動画2位
5月19日エムカウントダウン動画1位
5月20日ミュージックバンク動画1位
5月21日音楽中心動画
5月22日人気歌謡動画1位
5月26日エムカウントダウン動画1位初3冠
5月27日ミュージックバンク動画1位2度目の3冠
5月28日音楽中心動画
6月3日人気歌謡動画1位3度目の3冠
6月10日ミュージックバンク動画1位4週連続1位
6月24日ミュージックバンク動画

2016年5月5日、Mnet「エムカウントダウン」で初の1位を獲得(デビュー199日目)。この日はTWICEが誕生するきっかけとなったSIXTEEN放送開始から1周年であり、SIXTEENで脱落したジョン・ソミのIOIデビュー舞台でもあった。またTWICEが獲得した10264点は歴代7位の記録だった。

TWICEはCHEER UPで3回のトリプルクラウン達成、合計11冠に輝いた。

その他

・OOH-AHH하게と比較して好き嫌いが分かれるが、概ね早いテンポと洗練されたアレンジでTWICEの音楽カラーを表現しているという評価。良い点は高速ビットとクールなリフレイン、悪い点は序盤の歌詞伝達力。

・ミュージックビデオは表現が難しいパロディ物だったが、上手く演じてメンバーのルックスポテンシャルが炸裂している。分かりやすい歌詞とマッチしている振り付けも好評。音楽性の面でOOH-AHH하게から著しい成長を見せている。

・曲のテクスチャはエレクトロニックなのに、妙に構造的な面でポップロックを連想させる面が多い(OOH-AHH하게やMissAの「다른 남자 말고 너(Only You)」など)。これはブラックアイド・ピルスンが新たに推すスタイルらしい。

・空耳的にサビの”CHEER UP Baby”が”Shut up Baby”や”チョロッ(緑)ベイビー”と聞こえる人もいる。これはTWICEVアプリの「給食団の大冒険篇」で、ダヒョン、チェヨン、ツウィが大笑いしながら真似したことで認めた。

・サナのパート「Shy Shy Shy」が大きな話題になった。「Shy Shy Shy」が日本人特有の発音のせいか、もしくは歌の雰囲気を生かすためかは分からないが「シャシャシャ」と聞こえるため。「シャシャシャ」の反響が大きく、予定になかった「シャシャシャ」のポイントダンスを組み込んだ。

・後日V-LIVEで明らかにしたところによると、疲労と睡眠不足の状態で活動していたという。済州島で「TWICE TV3」の撮影、日本のK-CON公演に参加、カムバックのための練習、カムバックステージとハードなスケジュールをこなしたため、メンバー全員が疲れ果て、カムバック初ステージのエムカウントダウンを終えエンディング挨拶でツウィが涙を流すと全員が泣き始めた。

・「PAGE TWO」のティザー及びジャケットの撮影は京畿道加平郡加平総合運動場で行われた。

・アルバムにはメンバー直筆の手紙が入っているが、最も字が綺麗だったのはツウィで、ほとんど韓国人と変わらない文字で定規で引いたかのようだった。その反対はモモで文字が小さかった。他のメンバーが10フォントならモモは8フォント程度。

・パク・ジニョンはTWICEに「Do It Again」「Precious Love」「I’m Gonna Be a Star」の三曲の楽曲を提供しているが、「Do It Again」「I’m Gonna Be a Star」は「SIXTEEN」の曲、「Precious Love」はリメイク曲でTWICEのために書いた曲は1曲もない。(先日のVliveでは書きたそうなこと言っていたが・・・)

【TWICE画像】TWICE "PAGE TWO" TEASER
2016年4月25日発売のTWICEセカンドミニアルバム"PAGE TWO"、リード曲(タイトル曲)"CHEER UP"のティザー画像、動画 JYPentertainment 2016年4月12日 TW...

コメント