GOT7 パク・ジニョン Stray Kids TWICE JYPの10月攻勢

JYPエンターテインメントのGOT7 JYPエンターテインメント

JYPエンターテインメントのGOT7

서울경제

一時期いわゆる韓国3大芸能事務所の中で最も低評価されていた時期もあった。世代交代もなかなか容易ではなかったJYPエンターテイメント(以下JYP)は、スジというアーティストを筆頭にGOT7とTWICEを成功させ雰囲気の転換に成功した。そんなJYPが続々と所属アーティストを出撃させ、今年の下半期を熱くしている。特に10月は「JYPの月」といっても過言ではない。これにより第4四半期の業績も過去最高の業績が期待されている状況である。

最初に火ぶたを切ったのはGOT7。GOT7は10月10日新アルバム「7 for 7」を発表してカムバックした。デビュー以来、成長を重ねている彼らは今年3月に発表したミニアルバム「FLIGHT LOG : ARRIVAL」で33万枚以上の売上枚数を記録したのに続き、海外ツアー、JJ PROJECT、ジャクソンの中国活動など完全体としても、メンバー一人一人としても成功して活動を終えた。

初めてGOT7メンバーの自作曲をタイトル曲にした今回のアルバムは公開直後、各種音楽配信(音源)チャートリアルタイムチャート1位を記録すると同時に、ブラジル、フィンランド、香港、メキシコなど海外17地域のiTunesアルバムチャート1位となり7ヶ月ぶりのカムバックを飾った。

JYPの首長パク・ジニョンも昨年4月に発表したダンス曲「살아 있네 (Still Alive)」以来、1年6ヶ月ぶりに新曲を発表した。「音源クイーン」と呼ばれるHeizeがパク・ジニョンとデュエットした「후회해」は、「너의 뒤에서」、「나 돌아가」、「대낮에 한 이별」に続く「パク・ジニョンのR&Bバラード」のアップグレード版だった。

先にインスタグラムを通じてパク・ジニョンは今年の12月に自身のコンサート「悪いパーティー」を「ブルー&レッド」というタイトルで開催することを発表、このようなコンセプトで10月16日正午には「ブルー」に該当するバラード新曲を、12月初めには「レッド」に該当するダンス曲を発表する計画であることを明らかにした。

特に、最近のパク・ジニョンはプロデューサーとしてだけでなく、一人のアーティストとしてもファンに会う機会が多かった。10月22日、歌手デビュー23周年を迎えたパク・ジニョンは、自分の名前を掲げたSBS「パク・ジニョンのパーティーピープル」のMCを務め、意外な司会能力を披露した。今まで他の番組では見られなかった限定版のステージと率直なトークで視聴者の視線をひきつけた「パーティー・ピープル」は同時間帯視聴率1位を記録して話題になった。

大先輩パク・ジニョンのバトンは、JYP練習生に渡された。JYPの新しいボーイズグループ誕生を告げるサバイバル番組Mnet「Stray Kids」は、2015年TWICEが誕生した「SIXTEEN」に続き、JYPが2年ぶりに制作するサバイバル番組。番組名「Stray」は「家を出てきた子供たち」という意味で、定型化された枠組みにとらわれず、自由奔放な魅力でこれまでのグループと差別化した個性を番組を通じて存分に披露するというアイデンティティを持っている。

これまでのオーディション番組は参加者同士で争う形式だが「Stray Kids」は、練習生と所属事務所JYPがデビューを賭けて戦う。番組初回で抜擢されたデビュー組の男性プロジェクトチーム練習生9人が「全員デビュー」をかけてミッションを遂行していく。TWICEが「SIXTEEN」でデビュー初めから高い認知度と話題性を確保しただけに、Stray Kidsもこの勢いを継続できるか注目を集めている。

JYPの最後を飾るのはTWICETWICEは10月30日午後6時1stフルアルバム「Twicetagram」でカムバックする。2015年10月のデビュー以来「OOH-AHH하게(LIKE OOH-AHH)」「CHEER UP」「TT」など一回の失敗もなくヒット行進を記録した。TWICEは一気に人気新人グループからワントップガールズグループになった。

これと共に本格的に日本進出を開始したTWICEは、日本初のシングル「One More Time」で約20万1000枚の売上枚数を記録し、オリコンウィークリーシングルチャート1位続いて、日本で最初のシングルを発表した全アーティストの初動最大売上枚数記録を更新した。

韓国内だけでなく海外でも熱狂的な人気を証明したTWICEは勢いに乗ってタイトル曲「Likey」で6連続ヒットを狙っている。今回のアルバムのタイトル曲はTWICEと相性のいいブラック・アイド・ピルスンがTWICEのために用意した「切り札曲」であることが伝えられ、さらに期待を高めている。

JYP最高の親孝行商品であり、ヒット商品にとなったTWICEは、10月カムバック大戦のトリを務めるTWICEの成功でJYPが再び収穫の喜びを享受する。

韓国の反応

TWICE初のフルアルバム「Twicetagram」と「Likey」大ヒット祈願

JYP大好き、GOT7、DAY6、TWICE、Stray Kids、パク・ジニョン大ヒットしろ!

現在JYPで人気が高いのはパク・ジニョン代表理事とTWICE、GOT7だと思います。そして近いうちにデビューするStray Kidsも人気になることを祈ってます。そしてパク・ジニョン代表理事にお願いです、元Wonder Girlsのヘリムもテレビ番組に出られるようにしてください。

JYPの歌手みんな頑張れ

JYPは仕事をしない、他の芸能事務所に比べて広報不足

コメント