NIZIU デビュー前から韓国で不買運動

パク・ジニョンパク・ジニョン
パク・ジニョン
16 / 100

2020年7月13日付スポーツ京郷掲載のNIZI PROJECT、NIZIU関連ニュースの翻訳。

NIZIUのアイデンティティ論議・・・K-POPの拡張性と見るべき

2020年7月13日 スポーツ京郷

JYPが作ったNIZIUはK-POPグループなのか? J-POPグループなのか?

NIZIUはJYPエンターテインメントと日本のソニーミュージックが共同制作したオーディション番組”NIZI PROJECT”で誕生した9人組グループ。マコ、リク、リマ、リオ、ミイヒ、マユカ、アヤカ、ニナの9人全員日本人で結成した。

先月30日NIZIUはプレデビュー曲”Make you happy”を発売した。

“Make you happy”はパク・ジニョン(J.Y PARK)が作詞作曲した曲で、企画制作からマネージメントまで韓国式K-POPシステムを導入した。

明るく軽快なNIZIUの”縄跳びダンス”は日本でK-POP旋風を巻き起こしたTWICEの”TT”ダンスを彷彿させる。ミュージックビデオも韓国内で撮影するなどK-POP色が濃い。

先週8日のオリコンチャートによると”Make you happy”はデジタルアルバム、デジタルシングル、ストリーミングの3部門で1位、合算ランキングの1位を記録した。3部門で1位になったのはオリコン史上2度目で、女性歌手、新人歌手としては初めての事例だ。またCDとデジタルの売上を合算したチャートでNIZIUはオリコン史上初めてCD発売なしで1位を記録する快挙を成し遂げた。

日本でNIZIU人気が高まるにつれ、韓国内では二つの意見が衝突した。

NIZIUはJ-POPなのか?K-POPなのか?

NIZIUの総括プロデューサーパク・ジニョンは「NIZIUはK-POPガールズグループ」と定義したが、インターネット上では「メンバー全員が日本人のNIZIUはJ-POPグループ」であり、K-POPインキュベーションの初事例を「K-POPシステムの技術流出」だと主張する声が高まっている。

さらに昨今の微妙な日韓関係が問題を大きくした。日本が韓国への半導体素材輸出規制措置を発表すると韓国内では日本製品不買運動”NO JAPAN”が起こり、その脈絡からNIZIU不買運動を主張した。

また、日韓問題は”捏造の歴史”が根深いだけに「NIZIUが世界的に成功すれば、日本は”NIZIUはJ-POP”と主張するに違いない」と強い反感を見せている。

大衆音楽評論家カン・テギュ氏は「NIZIUの誕生は予見された事であり、K-POPの拡張性を示した」と分析した。彼は「第1世代K-POPは韓国人メンバーだけだった。第2世代は外国人メンバーが加わりローカライズ戦略をとった。NIZIUはローカライズの拡張モデルでありいつかは現れるグループだった。J-POPかK-POPかを論議するのではなく、音楽制作者が海外市場を狙う戦略的ポイントと見るべき。全員が日本人のNIZIUを通じてK-POPがどのような実を結ぶのかが見れるだろう」と語った。

(翻訳終わり)

NIZIUは既に世界的人気

NIZIU不買運動って、売ってないもの、売る予定のないものをどうやって不買するんだよw

それに「K-POPが世界的に人気」というのが事実であるのなら、NIZIUはすでに世界的に人気である。

2019年韓国音楽産業白書
2019年韓国音楽産業白書

今年の6月18日、韓国文化体育観光部傘下の音楽コンテンツ振興院が発行した2019韓国音楽産業白書によると、韓国の音楽輸出のうち日本が占める割合は65.1%。

つまり、韓国の音楽輸出の65.1%を占める日本で人気=世界で人気

韓国人がいくら騒いでも既に手遅れかもしれないw

NIZIUの成功はJ.Y.PARKとMnetのおかげ

NIZIUが注目を集めた理由は一つや二つじゃないだろうが、その理由を韓国側に求めるとするなら、オーディション番組をバラエティ番組に仕立て上げるMnetの演出技術と、オーディション番組で長年審査員を務めて培ったパク・ジニョンの審査員技術によるもので、K-POPの技術はほとんど関係ない。

NIZI PROJECTに参加した日本人の多くはそれなりにトレーニングを積んだ”準備の出来た人”で、一般の視聴者が「K-POP技術によって急成長した」と認識できるような場面は皆無だったと言っていい。

俺は昔韓国に住んでた事があり韓国語が出来るので周囲の人達から韓国に関する質問を受ける事があるが、前の韓流ブームが終わって以降、質問されること自体が激減したうえ、その大半が政治と旅行情報だった。

ところが日本テレビがNIZI PROJECTを始めてから質問が激増した。その多くはパク・ジニョン個人の経歴やキャラクターに関するもので、要するにパク・ジニョンが一般の視聴者にウケたのであってK-POPの技術がウケた訳ではない。

もしパク・ジニョンの代わりに彼と同等かそれ以上のK-POP技術を持つイ・スマンあるいはヤン・ヒョンソクがNIZI PROJECTに出演していたら同じように日本人の注目を集ることができただろうか?

パク・ジニョンマニアの立場から言わせてもらうと、韓国のNIZIU批判はパク・ジニョンの成功を嫉んだ韓国人がK-POP技術の流出にすり替え愛国心に訴えて批判するという反日技術であり、反日韓国人による捏造の歴史が繰り返されているに過ぎない。

まあどうでもいいけどw

コメント

タイトルとURLをコピーしました