男性ファンよりも女性ファン獲得に力を入れるK-POPガールズグループ

2016年5月26日

2016年5月26日付OSEN掲載のTWICEトゥワイス関連ニュース翻訳

もうこれ以上ガールズグループはセクシーにならない

2016年5月26日 OSEN

ガールズグループセクシー失踪事件だ。

誰の露出が多いとか、誰が妖艶なのかを競う時代はもう昔の話。セクシーをアピールするより確実なコンセプトで魅力をアピールするのが正解という答えが出て久しい。

男性より購買力のある女性を狙う

理由は簡単、アピールすべき対象が明確になったためだ。かつてガールズグループのターゲットは男性ファンだった。しかし現在は女性ファンを狙う、これは市場の原理。女性ファンの購買力と忠誠心が男性ファンよりはるかに高いためだ。今のアイドルが大衆性よりファンの確保に重点を置く流れもガールズグループのセクシー失踪に大きな影響を及ぼした。

女性ファンが男性ファンより購買力が高く積極的ということはコンサートの規模から推測できる。一般層にそれほど知名度が高くないボーイズグループでもコンサートを開催する動員力があるが、ガールズグループは人気があってもコンサート開催に苦労する。このためガールズグループもターゲットを女性ファンに変えた。

すでにアイドルグループの目標は大衆性よりファンを確保することに重点を置いてきた。知名度を高め、各種イベントのステージに立つ方法で利益を上げる事より、忠誠度の高いファン層を形成し、コンサート、CD、グッズ販売などで利益を上げることが長期的に安定するためだ。

大衆性よりも忠誠心の高いファン

長年音楽業界に従事するある関係者は「大衆性よりファンを確保することが今のアイドルの目標。音楽番組出演よりコンサート開催の頻度が高まった現象もこれと一脈相通じる部分」と語った。

業界の流れに合わせガールズグループも知名度よりファン確保に目を向けた。セクシーよりファンを熱中させる明確なコンセプトの方が、ファンの忠誠度を高めイメージの消耗なく長生きできるためだ。セクシーコンセプト自体が女性ファンから歓迎されないことも理由のひとつだろう。

このようは雰囲気は今人気の次世代ガールグループを見ればはっきりと分かる。

非セクシーで成功したTWICEとGFRIND

GFRIEND
GFRIEND

デビュー6か月でCD10万枚を売り上げ、音楽配信サイトでも1か月間1位の座を守っているTWICEが代表例。多彩な魅力とセクシーより楽しく明るく健康なイメージで男性ファンはもとより女性ファンの心もつかみロングヒットを続けている。

3曲連続ヒットを放ったGFRIENDも”パワー清純”をコンセプトに掲げ学校シリーズ3部作で成功を収めた。そのほかLOVELYZ、CLC、OH MY GIRL、APRILなども自らの個性を確立するために努力しファンを徐々に増やしている。

(翻訳終わり)

TWICE
TWICE