全世界のK-POP YouTube再生回数が分かるK-POP地図、1位は防弾少年団、TWICEは3位

先日紹介したK-POPランキングサイト”KPOPレーダー”を運営するファンダム研究所”BLIP”がK-POPアイドルのYouTube再生回数の世界地図”2019 グローバルK-POPマップ”を発表した。

https://www.twicefan.club/k-pop-radar/

2019K-POPグローバルマップ

K-POP アーティスト別 YouTube再生回数ランキング

この1年間、アーティスト別に集計したYouTube動画再生回数

順位アーティスト再生回数
1位防弾少年団55億4千万回
2位BLACKPINK45億9千万回
3位TWICE20億4千万回
4位MOMOLAND11億8千万回
5位EXO10億5千万回
6位PSY8億1千万回
7位RED VELVET7億4千万回
8位IKON7億3千万回
9位GOT76億6千万回
10位BIGBANG5億8千万回
11位PENTAGON5億1千万回
12位SEVENTEEN4億7千万回
13位STARY KIDS3億7千万回
14位MAMAMOO3億6千万回
15位(G)I-DLE3億5千万回
16位SUPER JUNIOR3億5千万回
17位NCT1272億9千万回
18位IU2億9千万回
19位IZ*ONE2億9千万回
20位少女時代2億7千万回
 

歴代K-POP再生回数ランキング

K-POPアーティストの曲別YouTube再生回数ランキング。

K-POPグローバルマップに曲別のランキングはなかったけど、一番興味があるのがこのランキングじゃないかと思って付け足した。

順位タイトルアーティスト再生回数発売日
1位PSYカンナムスタイル3,407,074,7542012年7月15日
2位PSYGENTLEMAN1,256,359,1672013年4月13日
3位BLACKPINKDDU-DU DDU-DU925,894,5722018年6月15日
4位防弾少年団DNA812,406,4992017年9月18日
5位PSYOppa Is Just My Style745,515,8462012年8月15日
6位BLACKPINKBOOMBAYAH684,174,5132016年8月8日
7位BLACKPINKAS IF IT’S YOUR LAST663,277,7442017年6月22日
8位防弾少年団FIRE592,544,3582016年5月2日
9位防弾少年団FAKE LOVE576,854,9892018年5月18日
10位BLACKPINKKill This Love548,073,1622019年4月4日
11位防弾少年団MIC Drop545,535,5942017年11月24日
12位防弾少年団IDOL527,820,1432018年8月24日
13位防弾少年団Boy With Love516,347,4312019年4月12日
14位防弾少年団DOPE504,977,4452015年6月24日
15位防弾少年団Blood Sweat & Tears488,907,0382016年10月10日
16位TWICETT473,404,6822016年10月24日
17位PSYDADDY440,269,9212015年12月1日
18位BLACKPINKPLAYING WITH FIRE425,950,6232016年11月1日
19位防弾少年団Save ME423,200,0542016年5月15日
20位BLACKPINKWHISTLE410,756,7642016年8月8日

PSYの”カンナムスタイル”が圧倒的1位。

カンナムスタイルは未だに3位BLACKPINK”DDU-DU DDU-DU”の3分の2程度のペースで再生回数が増加しているので、日本の反日メディアが言うような「世界的に大ヒット」ではなく本当の意味で世界的に大ヒットさせなければ限りカンナムスタイルを超える事は難しいだろう。

K-POP人気はアジアが中心

順位国家占有率
1位韓国10.1%
2位インドネシア9.9%
3位タイ8.1%
4位ベトナム7.4%
5位アメリカ7.4%
6位日本6.8%
7位フィリピン6.8%
8位ブラジル4.4%
9位メキシコ4.3%
10位マレーシア3.1%

一人当たりの再生回数

YouTube再生回数を人口で割った数値。つまり国民ひとり当たりのYouTube再生回数を表す。

順位国名一人当たり再生回数
1位韓国51.5
2位シンガポール34.1
3位台湾33.2
4位タイ31.1
5位マレーシア25.0
6位香港24.0
7位ベトナム20.1
8位チリ18.9
9位フィリピン16.7
10位日本14.3
11位モンゴル14.1
12位ペルー13.3
13位カンボジア10.2
14位インドネシア9.7
15位アルゼンチン9.7

最もK-POPが人気が高い国は当然韓国。

8位チリ、12位、15位アルゼンチン以外は全てアジア。

都市別一人当たり再生回数

順位都市名国名一人当たり再生回数
1位ホーチミンベトナム393.2
2位バンコクタイ115.1
3位ソウル韓国91.1
4位ジャカルタインドネシア73.2
5位シンガポールシンガポール34.2
6位サンティアゴチリ27.8
7位名古屋日本24.8
8位香港23.4
9位ロサンゼルスアメリカ17.7
10位シドニーオーストラリア11.7
11位リオデジャネイロブラジル8.8
12位メキシコシティメキシコ7.2
13位ロンドンイギリス6.7
14位パリフランス5.6
15位ニューヨークアメリカ4.7

日本の1位はまさかの名古屋で24.8回!

15位のニューヨークが4.7回ということは、東京や大阪など他の都市は4.6回以下。

つまり名古屋は日本の他の都市の5倍以上K-POP動画を観るK-POP大好き都市ということになる。

これは意外だった。

名古屋って”横浜アリーナ→大阪城ホール→マリンメッセ福岡”みたいな感じで「K-POPアイドルグループがコンサートツアーで飛ばす都市」ってイメージじゃね?

今年のTWICEのドームツアーはナゴヤドーム1日だけだったけど、次やるときはSTARY KIDSを前座に入れれば2日くらいいけるかもしれない。

アメリカ

順位アーティスト占有率
1位防弾少年団30.6%
2位BLACKPINK13.7%
3位TWICE5.3%
4位EXO4.0%
5位PSY3.1%
その他43.3%

ヨーロッパ

順位アーティスト占有率
1位防弾少年団27.9%
2位BLACKPINK14.7%
3位PSY7.4%
4位TWICE4.2%
5位EXO4.1%
その他41.7%

アジア

順位アーティスト占有率
1位BLACKPINK19%
2位防弾少年団15.3%
3位TWICE9.4%
4位MOMOLAND5.8%
5位EXO3.8%
その他46.7%

TOP3アーティストの人気地域

防弾少年団

順位国名
1位アメリカ
2位ベトナム
3位インドネシア

BLACKPINK

順位国名
1位インドネシア
2位タイ
3位フィリピン

某武蔵大学非常勤講師が「BALCKPINKは欧米にリーチ」と盛んに欧米人気を強調しているが、BALCKPINKの人気(と言うよりK-POPの人気)はアジアが中心である事は明白。

TWICE

順位国名
1位日本
2位韓国
3位フィリピン
 

TWICE Gallery

Published on 8月 22, 2019

About トゥワイスブログ

韓国語能力試験6級合格、元韓国在住。

Other articles you may like

 

Reader Interactions

Leave A Reply