Wonder Girls – Miss A – TWICE JYPガールズグループの系譜

2016年1月9日付OSEN掲載のTWICEトゥワイス関連ニュースの翻訳。

TWICEで振り返るガールズグループの名門JYP

OSEN

ガールズグループ市場に太く一線を画した芸能事務所である。Wonder Gilrs「Tell Me」「Nobody」などで旋風を巻き起こし、デビューから多数の音楽賞を総ざらいしたMISS Aは「国民の初恋」を輩出した。末っ子のTWICEもこれに負けない恐ろしい逆走行(※ロングヒット)でスタートから底力を見せつけている。JYPエンターテイメント、ガールズグループの名門と呼ばれるだけのことはある。

Wonder Girls "NOBODY (Kor. Ver)" M/V
WONDER GIRLS NO BODY

デビュー直後の不振と再浮上

TWICEの活躍でJYPの企画力が再びスポットライトを浴びている。このところのTWICEの勢いは恐ろしい。昨年10月20日に発売したデビュー曲「OOH-AHH하게 (Like OOH-AHH)」は約3か月が過ぎた現在まで着実に人気を集めている。いや、むしろどんどん人気が熱くなっている状況。現在(1月9日6時)Melonリアルタイムチャート9位、Genie6位、Mnet Music12位、Bugs8位にランクインしている。

TWICEにはもともと大きな期待がかかっていたため、デビュー初期のチャート成績が期待外れだったのは事実。ところがTWICEの音楽番組活動が続くのに合わせて徐々にチャート順位が上がり始め、昨年末の音楽特番出演から勢いを増し10位圏内に進入した。テレビ番組出演を通じて見せたステージとメンバーの魅力をしっかりとアピールできたことを示す現象である。

既に「OOH-AHH하게 (like OOH-AHH)」は公式活動を終了していたが、1月10日放送予定のSBS「人気歌謡」でTWICEはPSY、KARAらと共に1位候補にまで登った。新人グループながらも既に厚いファン層が形成され自選投票、リアルタイムメール投票で有利な状況にあり、1位の可能性も十分にあるという分析もあちこちから出ている。

次々と国民的人気女性グループを生み出すJYP

こうして見ると「やはりJYP」という評が続出している。これまでJYPエンターテインメントは国民ガールズグループWonder GilrsとMISS Aを生み出した。Wonder Gilrsはガールズグループ市場を拓いたグループ。「Irony」に始まり「Tell Me」「No Body」「So Hot」などをヒットさせ全国民的人気を集めた。Wonder Girlsもやはりメンバー各自の個性が強く厚いファン層を誇り、現在まで続いている。MISS Aもデビューと同時に「Bad Girl Good Girl」でデビュー最短1位記録をを持つガールズグループ。「国民」の称号を持つトップスター スジを輩出した。

3つのグループの共通点はメンバーひとりひとりの魅力とポジションが明確で一つに集まるとシナジー効果が大きいという点。強く結束したファンは他のガールズグループに比べ女性ファン数が圧倒的に多いことも興味深いポイント。

国民グループの後継TWICE

TWICEはJYPエンターテインメントの野心作としてデビューしたカールズグループでナヨンジョンヨンモモサナジヒョミナダヒョンチェヨンツウィの9人のメンバーで構成。Mentのサバイバル番組「SIXTEEN」を経て実力を磨くと同時に認知度を確保し大型新人と呼ばれるガールズグループ。

TWICEが果たして「逆走行」で音楽番組ランキング1位のトロフィーを掲げ歴史を書き換えることができるのか、ファンをはじめ業界からの関心が集中している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました