TWICEを構成する6つの要素

TWICE SIGNALTWICEニュース
TWICE SIGNAL

2017年5月16日付IZ掲載のTWICE関連ニュース翻訳。

TWICEを構成する6つの要素

IZE

デビューして1年半でTWICEは最高の人気ガールズグループになった。

この成功は「かわいい子の隣にかわいい子」と呼ばれるメンバーの外貌はもちろん、グループ結成前からの持続的なリアリティ番組出演、ファンを刺激する歌とダンスなど、様々な要素が複合的に作用した結果だ。

そしてこれはTWICEがどのようなガールズグループを志向しているのかを知る端緒でもある。

コスプレ

CHEER UP“ミュージックビデオでTWICEはそれぞれ映画”ローマの休日”、”恋する惑星”、”バイオハザード”、”ラブレター”、”魔法少女”、”ファン・ジニ”、”スクリーム”、”チアーズ!”の主人公に変身した。

人形のようなツウィがオードリーヘップバーン、愛嬌溢れる日本人メンバーサナが魔法少女、一重まぶたが魅力的なダヒョンがファン・ジニとして登場するなど映画キャラクターのコスプレはメンバーの魅力ポイントをそのまま直感的に見せた。

また”TT“ミュージックビデオではメンバーが人魚、ティンカーベルなど幻想的な存在として描かれた。

このようなミュージックビデオの中の姿はまるでそれぞれが好きなキャラクターのコスプレをしたコスプレ同好会のように、共通点はないがメンバー化軸のキャラクターを強化し、ステージでは見られない姿を通じてメンバーに対するファンタジーを極大化させた。

そして5月15日発売のSIGNALではコンセプト自体が超能力少女だ。コスプレではないが、TWICEのイメージが徐々に現実とは距離が離れたファンタジーの中の少女になっていることを示している。

パク・ジニョン

2015年TWICEメンバーを選抜する過程を描いたSIXTEENパク・ジニョンは企画者でありコメンテーターであり審査員だった。

彼はSIXTEEN制作発表会で「JYPエンターテインメントが追及するものに合わなければ放出する」と分かるような分からないような基準を提示し、7名を選抜するという当初の目的とは異なり、最終回で途中脱落したモモを含め9名を選抜するなど、パク・ジニョンは影響力を行使した。

パク・ジニョンはTWICEの結成に決定的な役割を果たし、”KNOCK KNOCK“ミュージックビデオにサプライズ登場してファンの視線を奪う存在感を示した。

そして彼は3月”TWICEとデザート”というタイトルのVLVIE放送でファンに、ミュージックビデオ出演の感想や、いつTWICEに曲を書くべきか自ら質問した。

そしてSIGNALはTWICEデビュー後、初めてパク・ジニョンが作詞作曲を担当するリード曲となった。

リアリティ番組

TWICEは結成前から現在に至るまでリアリティ番組を通じて絶え間なくメンバーの姿をファンに見せている。SIXTEENではデビューのための切実感とメンバーのキャラクターをクロースアップし、VLVIE”TWICE TV 1″では”TWICE IN JEJU”、”TWICE TV BEGINS”、”Beautiful TWICE”、”급식단의 대모험”、”Cheerful TWICE”など多彩なシリーズを誕生させた。

さらに”TWICE TV 2″、”TWICE TV 3″、”TWICEの優雅な私生活”を放送するなどひと時も休まなかった。テレビ局のリアリティ番組とは異なり、ウェブ放送のリアリティ番組はカメラがメンバー個人を追いかける主観視点で、近くで話しているという感じを与えTWICEがファンダムを構築する重要な役割を果たした。

お遊戯

TWICEのデビュー曲”LIKE OOH-AHH”でメンバーはモモを筆頭に強烈なダンスブレイクと、それに続くフリーダンスでパワフルで自由奔放なイメージを与えた。

しかし後続曲”CHEER UP”の振り付けは愛嬌を強調する動作が増えた。また”TT”では泣き顔を表現した曲のタイトル通り、指で泣き顔を作りそれがポイントダンスになった。最新曲”KNOCK KNOCK”では童謡”동대문을 열어라”を彷彿させる振り付けを披露した。

子供のように見える小さく可愛らしい動きを入れ、ダンスというよりはお遊戯に近いステージ構成だ。

Shy Shy Shy

“CHEER UP”で日本人メンバーサナがぎこちない発音で歌った”Shy Shy Shy”という歌詞はTWICEだけでなくエンターテインメント業界に大きな波紋を呼び起こした。一時期”Shy Shy Shy”は愛嬌と同義語のように使用され、TWICEは「愛嬌あるアイドル」になった。

デビュー当初「パク・ジニョンPDが「長靴を履いた猫のように愛嬌をふりまけ」と言った。でも私たちは他のグループより声が低いから愛嬌をふりまいてもかわいくない」と語っていた時とは状況が全く変わった。

外国人メンバー

TWICEには外国人メンバーが4人もいる。台湾人メンバー ツウィがバラエティ番組”My Little Television”で、本人の意思とは全く関係なく中国台湾間の政治的紛争に巻き込まれた。パク・ジニョンは「これによって中国のパートナーと問題が生じたため、解決するまでTWICEの中国での活動を中止する予定」と発表した。

以降TWICEの海外進出は日本市場に焦点を合わせる事になった。今年2月”KNOCK KNOCK”が収録されたアルバム”TWICE coster: LANE 2″が日本でストリーミングサービスを開始し、6月28日には日本デビューベストアルバム”#TWICE”発売、7月2日東京でデビューショーケース”Touchdown in Japan”を開催する。

日本での活動にはモモ、サナ、ミナの活躍が重要になるのは当然の事。日本での活動中に円滑に意思疎通が可能な3人が、日本のファンに近づいていく姿はTWICEが日本で見せるイメージでもある。

(翻訳終わり)

TWICE Gallery

コメント

タイトルとURLをコピーしました