怪物新人?IKON, UP10TION, TWICE, ユ・ジェファン

2015年デビューKPOP期待の新人 K-POPニュース

2015年11月4日付MBNスター掲載のTWICE関連ニュース翻訳。

いち早く知れ渡った存在感 デビュー前から話題

MBN스타 2

新人ボーイズグループのIKONとUP10TION、ガールズグループTWICE、歌手ユ・ジェファンがデビューした。彼らはデビュー前サバイバル番組、バラエティー番組に出演して早くから名前と顔、実力を知られるようになった。そのためデビュー前から関心が高く他の新人に比べてデビュー後も順調だ。

2015年デビューKPOP期待の新人
IKON, UP10TION, TWICE, ユ・ジェファン

彼らのデビューは成功した。実力がなく、ただ「華麗にデビューした」だけであれば大衆はすぐに失望しただろう。しかしこれまでに見せて来た「検証された実力」が大衆の記憶の中に位置していたため、バブルではなく実力に裏付けられた人気であることが知れ渡った。もちろん、今まで見せて来たものよりも、これから見せなければならないものが多く、さらに大手芸能事務所の恩恵を受け番組出演の恩恵を受けていることは間違いない。しかし、実力と努力があるから単純に「大手芸能事務所からデビューした新人」「テレビ番組出演の恩恵を受けた新人」という偏見を持たれるのは惜しいことだ。

あふれる新人の中で「家柄」を絶対的な武器にして出発点から異なっているのであれば公平ではない。ややもすると実力もないのに「家柄」を利用した番組出演は話題集めの一つの方法になることもある。

バブル人気なのか?実力なのか?

IKON

IKONはYGエンターテインメント(以下「YG」)の新人ボーイズグループで、リーダーBIをはじめキム・ジンファン、ボビー、ソン・ユンヒョン、グジュンフェ、ギム・ドンヒョク、チョン・チャヌで構成されている。デビューに先立って彼らは2013年8月23日から10月25日放送のMnetのサバイバル番組「WIN」に出演した。その後2014年9月11日から11月6日放送のWIN Bチームのメンバーと練習生3人を含む、計9人がYGの新しいボーイズグループメンバーになるための競争を繰り広げたMnet「MIX& MATCH」に出演して実力と魅力、個性、人間性など多様な姿を披露した。

IKON
IKON

激しい競争の末、今のメンバーがIKONに選ばれた。すでに実力は十分に知れ渡った状況だったので、どのような曲で、どのようなパフォーマンスを披露するかに関心が集まっていた。大手芸能事務所YGの新人らしく、デビュー申告式予告も壮大だった。所属事務所のSNSでIKONのデビューのニュースが少しずつ公開されBIとボビーがデビューアルバム全曲作詞、作曲に参加したという話が聞こえて関心を高めた。

9月15日、「iKON – WARM-UP SINGLE 嗜好狙撃」を先行公開、公共の嗜好を狙撃した。10月1日先行公開曲を含む全6曲を収録した「DEBUT HALF ALBUM WELCOME BACK」を発表した。ダブルタイトル曲は「RHYTHM TA」と「AIRPLANE」だった。

異例のデビューに続いて「iKON DEBUT CONCERT SHOWTIME」を開催、1万3000万人の観客を集めた。音楽番組出演なしでもランキング1位に輝き、デビューに先立って1位の感想を語ったこともあり、デビュー舞台と同時に1位を受賞した。10日の東京を皮切りに、愛知、福岡、大阪など計12回にわたり2万6600人の観客を動員する日本ファンミーティングも行われ、海外ファンにも挨拶した。11月2日には「DEBUT FULL ALBUM WELCOME BACK」を発売する。

できるだけ長く記憶されるグループになりたいというIKONは、「アイドルではなく良い音楽を聞かせる歌手になりたい。ファンと多くを共有したいと思う。IKONは若くいたずら好きな姿と強い姿がある。ダンスも頑張って踊って面白いパフォーマンスと振り付けを皆さんにお見せすることができる。いい曲を書こうと努力している、メンバー自らプロデュースする点も強み」と他のグループとの違いを語った。

UP 10TION

TOPメディアの新人ボーイズグループUP10TIONはジヌ、ソニュル、クン、ウェイ、シャオ、ゴギョル、ウシン、ビート、ギュジン、ファニで構成されている。9月11日にデビューアルバム「ㅡ級秘密」を発売しタイトル曲「SO DANGEROUS」で活動している。

UP10TIONもデビューに先立って「覆面新人王戦 UP10TION」で様々な対決を繰り広げ、順番にメンバーを公開し、新鮮さを強調した。また最初のリアリティ番組「ライジング UP10TION」」は、韓国及びグローバルチャンネルで放送、韓国、日本、中国、アラブ、アメリカ、南米、ヨーロッパでファンクラブを形成する役割を果たした。韓国デビューと同時に、中国ショーケースも進め「準備が出来たグローバルグループ」として自身を紹介した。

UP 10TION
UP 10TION

特にベレー帽をかぶったメンバーの姿が写ったティーザー写真は公開と同時に話題を呼び、グループ名、生年月日が記載されているTシャツを着て、同じポーズをとっているUP10TIONの姿は妙な緊張感まで抱かせた。現在「SO DANGEROUS」で着実に活動し10人10色の魅力を披露している。

パフォーマンスと言えばUP10TIONと叫ぶUP10TIONは「9月10日にデビューをして今一ヶ月が少し過ぎた。ファンの皆さんに「SO DANGEROUS」の舞台をお見せできるということがまだ夢のよう。一生懸命準備し舞台を見せて、毎日が新鮮でときめく。今回の活動を通じて歌に惚れ、舞台に惚れて頂けるように「パフォーマンス」に重点を置いた。舞台でUP10TION10人のメンバーの呼吸がしっかり合うように、またパフォーマンスと言えばUP10TIONを思い浮かべてもらえるように今後も励んでいく。たくさん愛してほしい」と伝えた。

続いて「UP10TIONはメンバーの数が10人。数が多いので舞台上で表現出来るパフォーマンスがさらに強烈です。またメンバーそれぞれ個性が違うので、ファンにとっては選ぶ楽しみがある。10人のうち、あなたの好みのメンバーが一人ぐらいはいると思う」と付け加えた。

TWICE

JYPエンターテインメント(以下JYP)の新人ガールズグループTWICEはナヨンジョンヨンモモサナジヒョミナダヒョンチェヨンツウィで構成されている。TWICEはデビュー前の5月5日から7月7日まで放送されたMnetのサバイバル番組「SIXTEEN」で存在感を表わした。合計16人の練習生のうち9人が最終選抜され、TWICEとしてデビューすることになった。本来7人の予定だったが、モモとツウィが追加選抜されTWICEに合流した。

IKONと同様に激しいサバイバル番組を通じて選抜されたというのが目を引くが、何よりもMISS A以降5年ぶりにリリースするJYPガールズグループという点がTWICEに関心が集まる大きな理由だ。韓国と日本、台湾など、様々な国籍の少女が一つになったという点も新鮮だった。

TWICE
TWICE

TWICEは10月20日タイトル曲「OOH-AHH하게 (Like OOH-AHH)」を含む全6曲を収録したデビューアルバム「THE STORY BEGINS」を発売した。「TWICEのパフォーマンスは、ゾンビも踊らせる」という内容を盛り込んだミュージックビデオは新鮮で斬新。現在「OOH-AHH하게 (Like OOH-AHH)」で活動している。

TWICEは「私たちはサバイバル番組を通じて公開でグループになった。良い結果があると思うと嬉しく幸せ。サバイバル番組のおかげで、練習室ではないところで歌と踊りなどを練習することができる良い機会ができた。良い経験を積み、パク・ジニョンプロデューサーにフィードバックをたくさん受けて助けになった」と伝えた。

続いて「9人という人数は多いが、TWICEはメンバーそれぞれの個性が非常に明確で遊び心も多い。だからエネルギーがあってカラフルな感じが強い」とTWICEの魅力を語った。

ユ・ジェファン

パク・ミョンスの心強いサポート(?)を受けているユ・ジェファンは、もともと活動していたULという名ではなく本名でデビューした。ユ・ジェファンはMBC「無限挑戦-嶺東高速道路歌謡祭」を通じて無視できない存在感を表した。非常に短い登場だったが、優しい声と中毒性の強い笑い声、パク・ミョンスの怒りに身動きできなくなるが、言うことは全て言うという多彩な魅力で視聴者をひきつけた。

ユ・ジェファン
ユ・ジェファン

その後、「黄金漁場-ラジオスター」、「MY LITTLE TELEVISION」、「パク・ミョンスのラジオショー」に出演し「大人気一般人」で多くの愛を受けた。それほど面白くはなかったが、ユ・ジェファン特有の妙な魅力を大放出し、見る者を「ユジェファン病」にした。時々歌う姿を見せたりもするが、大衆に馴染みのユ・ジェファンはパク・ミョンスの隣を守る優しいジェファンさんだったので、歌う姿を想像はできなかった。9月23日シングルアルバム「コーヒー」を発表し、「大人気一般人」から「大人気作曲家兼歌手」に生まれ変わった。バラエティーセンスの中に隠れていたハイレベルな歌唱力ととラップの実力が初めて光を放ち、高い認知度に加え大衆性と実力まで合わせ持つことになった。

ユ・ジェファンの「コーヒー」は音源チャート1位を記録し、そうそうたる歌手の音源の間で輝きもした。たとえ舞台上のユ・ジェファンは見れなくても、依然として愛され続けている。

「コーヒー」で活動する計画はないというユジェファンは「パク・ミョンスさんと一緒に過ごして人生が変わり、夢のようだ。「「コーヒー」が音源チャート1位に上がったが、音源1位は音楽人なら誰でも夢見ることだが、私が1位になったというのが本当に夢のよう。本当に感謝している」と伝えた。

続いて「音源を気に入って聞いてくれる方もいますが、私の姿も一緒に好きになってくれて本当に感謝している。デビューアルバムに大きな愛をくれたのはもちろん、綺羅星のような先輩が多い中で、私の音楽もその中に入れてくれたことに感謝する」と付け加えた。

評論家の意見

ハ・ジェグン

「デビューしたい人は非常に多いが、その中で大手芸能事務所所属やオーディション、サバイバルプロ番組出身ということでデビュー前から有名になれば、出発点から公平でない。他の新人に不公平な部分でもあり、相対的な剥奪感を感じるのではないか。」

「皆が大手芸能事務所だけにオールインしたり、歌謡界の新人発掘システム自体が歪曲されることもある。メディアも特定の新人の条件を計算することを改善するべきだと思う。」

ソン・シグォン

「大手芸能事務所所属やサバイバル番組に出演した人は才能があり、基礎が出来ている。しかし、所属事務所や番組にに合わせてイメージを作っているよう感じも与えることもある。そうならないためには先輩歌手たちの良い足跡をたどることが重要。」

「確実な成功が保証される優れたシステムによってトレーニングされた新人が良い作曲家から曲をもらい、より安定するという長所があるとも言える。」

TWICEのスケジュール 2015年11月
11月1日 SBS「人気歌謡」 10月25日の済州島のイベントがこの人気歌謡 11月1日 ファンサイン会 11月1日 ジョンヨン誕生日 11月2日 Arirang TV 「Simp...
2015年デビューのKPOP新人ガールズグループ分析
毎年数十グループがデビューするなか、今年は大手芸能事務所(JYPエンターテインメント所属TWICE)と中小芸能事務所(ソース・ミュージック所属GFRIEND)の2つの新人グループが注目を浴び、世代交代の先鋒に立った点が異例だ。
音楽専門家が選ぶ「2015年KPOP最高の新人はGFRIEND」
2015年12月15日付STAR NEWS掲載のTWICE関連ニュースとコメントの翻訳。TWICE関連ニュースといってもTWICEに関する記載は一行にも満たない。書くのが面倒臭いので省略したが、アンケートに回答した音楽専門家の大半...

コメント