翰林演芸芸術高等学校 2018度新入生募集 「懲戒中断→再開へ」

2017年10月16日

翰林演芸芸術高等学校募集中止

이데일리

アイドルグループTWICEのダヒョン、SHINEEのテミンなど有名芸能人を輩出した翰林演芸芸術高等学校翰林芸高)が2018年度新入生募集を中断すると明らかにし、受験生の混乱が広がっている。新入生募集停止は、ソウル市教育庁が2015年に実施した翰林芸高定期監査による処分である。論議が激しくなると翰林予告は市教育庁と「新入生募集再開」を議論していると追加発表した。ソウル市教育庁も翰林芸高に要求した是正措置が講じられれば、善意の被害者を防ぐために新入生の募集を許可する方針だ。

翰林芸高 教育庁 新入生募集再開協議に着手

15日、ソウル市教育庁と翰林芸高によると、現在2018年度新入生募集再開のために協議中。翰林芸高はホームページを通じて「2018年度新入生募集選考受験を準備する志願者(現中3)の被害が懸念され、現在の新入生募集の再開をソウル市教育庁と協議している。早めに対策を用意する」と告知した。

先に翰林芸高は12日教育庁を訪れ新入生募集再開案を協議した。今回の新入生募集停止は、2015年教育庁が実施した翰林芸高に対する定期監査による行政処分である。

  • 学校運営費の目的外使用
  • 学校の債務返済に校費を使用した行為

教育庁は翰林芸高の不正を摘発し新入生募集停止処分を下した。翰林予告はこれに反発して、行政訴訟を起こしたが、1審と2審ですべて敗訴し2018年度の新入生募集が不可能になった。

受験生の反発強まると募集再開

しかし翰林芸高新入生募集中止の情報は、受験生の強い反発を買った。翰林芸高公式facebookのアカウントに今まで翰林芸高入学を準備してきた学生が当惑しているという反応を見せた。ある受験生は「願書受付2週間前の募集停止で、どうすればいいか分からない」と不満を吐露した。

論議が大きくなると、翰林芸高は学校のホームページを通じて「新入生募集の再開をソウル市教育庁と協議中」と説明した。

ソウル市教育庁も翰林芸高が監査で指摘された部分を是正すれば新入生募集再開を許可する方針だ。

パク・サンギルソウル市教育庁生涯教育事務官は「翰林芸高関係者が教育庁を訪れ、教育委員会監査で指摘された部分を是正する意思を伝えて来た。翰林芸高が提出する履行計画書と是正意志などを確認できれば募集再開を許可する」と述べた。

生涯教育施設→小中教育法上の学校への移行推進

翰林芸高はこれとは別に、現在生涯教育法ではなく、小中等教育法に基づく学校形への転換を進めている。

翰林芸高は初中等教育法ではなく、生涯教育法に基づいて設立された「学歴認定生涯教育施設」である。教育部(文部科学省に相当)によると、2016年の全国生涯教育施設は3518場所で、このうち高卒以下の学歴認定
生涯教育施設は、翰林芸高を含め全国に48箇所。

翰林芸高は、現行生涯教育法に基づいて創設者は子孫への地位承継が不可能である。2007年改正された生涯教育法は、生涯教育機関の管理・監督の強化と質の管理のために、学校法人ではなく個人の施設設立を制限している。教育部の関係者は「学校法人が設立した教育施設は、定款と理事会を作り、管轄庁の指導・監督を受けるなど、透明性を担保するデバイスがあるが、個人設立教育施設は、その点が不十分であるという指摘があり、生涯教育法を改正した。教育施設の地位承継のためには小中等教育法に基づく学校法人に転換しなければならない」と説明した。

イ・ヒョンマン翰林芸高校長は10日「学校創設者が高齢で、学校運営が困難になったという理由もあるが、生涯教育法の下では創設者死亡時に地位承継が不可能なため、生涯教育法から小中教育法に基づく学校形態への移行を推進しており、これを体系的に準備するために、必然的に新入生募集を中断することにした」と述べた。

韓国の反応

ソウル市教育庁も翰林芸高も受験生の事は眼中にない。1年前に発表するべき重大事項を2週間前に発表するなんて・・・

2審で負けて募集が出来なくなることが分かっていたのに意地を張って2週間前に発表した翰林芸高のミス

あきれた。例え募集を再開しても翰林芸高に入学することが正しいことなのか・・・

「犯罪者が運営する学校でも構わないから私をアイドルにしてください」と考えてる奴が行く学校みたいだな、目的のためなら多少非倫理的でも問題ないと思ってる中学生や、それを煽る親とか・・・

先週翰林芸高が対策を準備しているという告知をだしたから、待っていれば来週に募集を再開する告知が出ると思う。

一生懸命準備してきたアイドル希望者が傷づくことがないように翰林芸高校とソウル市教育庁は適切に対処して欲しい。

Twitter でフォロー