2017年 KPOPガールズグループの世代交代

2018KCON TWICETWICEニュース
TWICE

2017年12月5日付、STAR NEWS掲載のTWICE関連記事とコメント、TWICEの公式インスタグラム「Twicetagram」の翻訳。

少女時代 Wondergirls → TWICE RED VELVET 2017ガールズグループ世代交代

「ガールズグループ大戦」という単語は、すでに日常になってしまった。365日間に渡って続くガールズグループの競争がさらに激しくなるなか、2017年はガールズグループの世代交代が行われた。

少女時代、SISTARなど、長い間人々に愛されて来た2つのグループは、メンバー離脱による規模の縮小と解散によって歴史の中に消えようとしている。しかし心配もつかの間、新たな人気ガールズグループが出現し空席を完全に埋めた。

Wonder Girls、Sistar解散。少女時代も事実上解散

今年に入り最初に解散のニュースが聞こえてきたグループはWonder Girls(ユビン、イェウン、ソンミ、ヘリム)だった。1月26日、所属事務所JYPエンターテインメントはWonder Girlsの解散を正式に発表した。しばしばメンバーの入れ替わりがあったが、多くのヒット曲を放ち過去10年間最高の人気ガールズグループとして君臨して来たWonder Girls解散のニュースに多くのファンが惜しんだ。

解散後、Wonder Gilrsのメンバーは個人活動をスタートさせた。ソンミは8月に発表した「가시나(Gashina)」のヒットでソロとしての地位を強固にした。アメーバカルチャーと契約したイェウンもソロアルバムを発表して、自分がやりたい音楽を披露した。

5月にも突然のニュースが飛び込んできた。SISTAR(ヒョリン、ダソム、ボラム、ソユ)が解散するというニュースだった。これまで発売するアルバムは全て大きな成功を収め、不和説も聞こえてこなかったグループだったため、SISTAR解散のニュースはファンにさらに大きな衝撃を与えた。

所属事務所STAR SHIPによるとSISTARの解散は各自の方向性の違いから、メンバーが自ら決定したという。そして5月31日に最後のシングル「LONELY」発売をもって公式に解散した。

2007年にデビューし10年間ガールズグループトップの座を守ってきた少女時代も歴史を幕を閉じた。10月、ティファニー、スヨン、ソヒョンがSMエンターテインメントを去った。これについてSMエンターテインメントは「少女時代は解散ではない」と釘を刺した。残ったメンバー5人で少女時代を維持し、godや神話のようにメンバーが別の事務所で少女時代の活動を継続する可能性もある。

Miss Aのメンバーミンも11月再契約をせずJYPエンターテインメントを去った。先にジアが脱退したのに続きミンもJYPを去ったことで、正式に解散を発表していないものの今後MISS Aは活動しないと予想される。

アイドルグループの解散は毎年繰り返されることだが、2017年に聞こえてきたニュースが与える衝撃は大きかった。これまで最前線でK-POPを全世界に広めたグループだからだ。しかし彼女たちの空席は、他のガールズグループがすぐに埋めた。それがまさに2017年活発な活動で頂点に立ったTWICEとRED VELVETだ。

既に王者TWICE

TWICEが多くのガールズグループを制して頂点に登るまでわずか1年しかかからなかった。2015年10月にデビュー曲「OOH-AHH하게 (Like OOH-AHH)」を発表したTWICEは2016年4月「CHEER UP」で人々にTWICEの名を強く刻み付けた。以後、昨年10月に発表した3rdミニアルバムのタイトル曲「TT」を大ヒットさせ頂点に立った。

デビュー後、各種の記録を更新し続けるTWICEに対する期待は大きかった。2017年2月「KNOCK KNOCK」から、5月に発表した「SIGNAL」、そして10月に発表した初のフルアルバム「Twicetagram」のリード曲「Lecky」を相次いでヒットさせた。デビューから大韓民国を代表するガールズグループとなり、その地位を守っている。自らの価値を証明するのにわずか2年しかかからなかった

2017年、各種音楽配信ランキングと音楽番組ランキング1位を席巻したのはもちろん、TWICEは第31回ゴールデンディスクデジタル音源部門本賞と大賞を受賞を皮切りに「2017 MAMA」で今年の歌賞を受賞しここまで9つの音楽賞を受賞した。これだけではない。世界的な経済誌フォーブスのスポットライトを浴び、韓国の歌手としては6年ぶりに日本を代表する年末音楽番組「紅白歌合戦」に出演するなど、韓国だけでなく海外でも人気を高めた。

RED VELVET、2017年「最高級ガールズグループ」へ跳躍の年

RED VELVETは今年だけで3枚のアルバムを発表し活発な活動を続けた。2月4枚目のミニアルバム「Rookie」で注目を集めたRED VELVETは7月に「빨간 맛 (Red Flavor)」を発売、夏の音楽市場を席巻し2017年最高のヒット曲の一つに数えられるほど大きな愛を受けた。RED VELVETは引き続き11月17日2ndフルアルバム「Perfect Velvet」を発表、タイトル曲「Peek-A-Boo」で活動を続けている。

これまで「Dumb Dumb」「Ice Cream Cake」など多数のヒット曲を持っているRED VELVETは、今年「빨간 맛 (Red Flavor)」のヒットで確実にトップガールズグループの地位についた。そして多くの有名アーティストがカムバックする11月に2ndフルアルバム「Perfect Velvet」を発表し、その地位をしっかりと固めている。

RED VELVETの影響力は海外にも広がっている。特に「Perfect Velvet」が米国ビルボードワールドアルバムチャート1位を記録しK-POPガールズグループ初の通算4回目の1位という快挙を遂げた。特にこの記録はここ何年男性アーティストだけが成し遂げた記録でありより意味深い。

韓国の反応

Wonder Gilrs 少女時代レベルまでは行っていないような気がする。

少女時代のファンはRED VELVETのファンより多いから強制世代交代させないで欲しい。

TWICEは人気があるけど「SES vs Finkle」や「Wonder Girls vs 少女時代」の時代と比べると比較の対象にならない。RED VELVETはさらに無理がある。

それでも俺はSISTARファン

今日のTwicetagram

Twicetagram

昨日Merry&Happyの練習をして
家に帰る途中で雪がたくさん振って
楽しいミナ、ジヒョ、チェヨン
#Heart Shaker #Merry&Happy
もうちょっと待ってね、もうすぐ会いましょう

TWICEの紅白出演を憂慮する韓国ファン

KPOP歴代YouTube再生回数ランキングベスト5

サナに怒られたTWICEファン

コメント

タイトルとURLをコピーしました