K-POP人気曲ランキング (CD売上、音楽配信) 2019年5月21日更新

韓国の総合音楽チャートGaonチャート発表の2019年第19週のK-POP人気曲ランキング

2019年5月第2週ランキング

集計期間2019年5月5日~2019年5月11日

デジタルチャート

2019年第19週デジタルチャート

順位 変動 アーティスト タイトル GAON指数
1位 new パク・ヒョシン Goodbye 46,962,704
2位 ジャンナビ 주저하는 연인들을 위해 42,839,325
3位 ▼2 防弾少年団 Boy With Luv 42,624,695
4位 ▼1 TWICE FANCY 34,365,558
5位 ▼1 BOL4 나만, 봄 32,358,817
6位 ▼1 テヨン Four Seasons 30,239,787
7位 チャン・ボムジュン 노래방에서 28,222,427
8位 ▼2 BLACKPINK Kill This Love 27,567,657
9位 △3 Anne-Marie 2002 26,317,024
10位 ▼2 Kassy 그때가 좋았어 23,558,182

TWICE”FANCY”はワンランクダウンの4位。

現在、新曲に押され順位を徐々に下げているものの来週も10位圏内には残れそう。

アイドルランキング

順位 変動 アーティスト タイトル GAON指数
3位 ▼2 防弾少年団 Boy With Luv 42,624,695
4位 ▼1 TWICE FANCY 34,365,558
8位 ▼2 BLACKPINK Kill This Love 27,567,657
12位 ▼1 N.Flying Rooftop 22,132,992
15位 ▼1 ITZY DALLA DALLA 20,797,872
16位 ▼1 CHEN Beautiful Goodbye 18,887,994
26位 ▼4 防弾少年団 Make It Right 15,810,366
27位 ▼1 チョンハ 벌써 12시 15,472,852
28位 ▼3 MAMANOO gogobebe 15,004,175
30位 △5 防弾少年団 Spring Day 14,344,104
34位 IZ*ONE VIOLETA 14,165,196
35位 Hwa Sa twit 13,724,314
37位 ▼4 防弾少年団 Dionysus 13,521,648
39位 ▼26 NUEST BET BET 12,451,568
40位 △4 防弾少年団 IDOL 12,393,940
50位 TWICE YES or YES 11,660,635

CD売上ランキング

2019年第19週アルバムチャート

順位 変動 アーティスト タイトル
1位 NU`EST Happily Ever After
2位 new ナム・ウヒョン A New Journey
3位 ▼1 THE BOYZ Bloom Bloom
4位 new OH MY GIRL THE FIFTH SEASON
5位 ▼1 防弾少年団 MAP OF THE SOUL _ PERSONA
6位 △3 TWICE FANCY YOU
7位 ▼4 ぺ・ジニョン 끝을 받아들이기가 어려워
8位 △3 STRAY KIDS Cle 1 _ MIROH
9位 △10 BLACKPINK KILL THIS LOVE
10位 △23 防弾少年団 LOVE YOURSELF 結 Answer

エムカウントダウンの1位訂正騒動

5月16日放送のMent”エムカウントダウン”で発表した1位がその後変更になるという騒ぎがあった。

エムカウントダウンのスコア
エムカウントダウンのスコア

16日の放送で1位になったのはNUESTだった。

しかしチャートの集計にミスがあることが判明、Mnetは1位をOH MY GIRLに訂正した。

エムカウントダウンの説明
エムカウントダウンの説明

Mnetは公式HPで「YouTube再生回数を入力する過程で担当者のミスがあり、再集計した結果1位はOH MY GIRL」と説明した。

エムカウントダウンのスコアミス
エムカウントダウンのスコアミス

ネットで調べたところ、SNS(youtube)の満点は2,000点だが、担当者が誤って1,500点と入力したために起こったらしい。

OH MY GIRL
OH MY GIRL

OH MY GIRLはTWICEと同じ2015年デビューの8人組だったが1人が脱退したため現在7人。

グループ結成前に、メインボーカルのスンヒが”SPAR STAR K”というオーディション番組に出演、グループバトルで歌詞を忘れ、同じグループで後に人気歌手になるホガクとジョン・パクを窮地に追い込み、他にも女性歌手とトラブルがあり一般の視聴者に好印象を与えなかった。

デビュー後、韓国で基盤を固める前から盛んに日本活動を展開して、日本も韓国も中途半端になるという典型的な残念グループである。

そんなOH MY GIRLでさえ日本でメジャーデビュー済みというのだから世の中不思議である。

2019年5月第1週ランキング

集計期間2019年4月28日~2019年5月4日

デジタルチャート

2019年第18週デジタルチャート

順位 変動 アーティスト タイトル GAON指数
1位 防弾少年団 Boy With Luv 45,596,026
2位 ジャンナビ 주저하는 연인들을 위해 45,336,022
3位 △1 TWICE FANCY 37,670,833
4位 ▼1 赤頬思春期 나만, 봄 35,666,432
5位 テヨン Four Seasons 32,400,645
6位 BLACKPINK Kill This Love 30,746,814
7位 チャン・ボムジュン 노래방에서 29,130,659
8位 △2 Kassy 그때가 좋았어 29,130,659
9位 ▼1 赤頬思春期 별 보러 갈래? 24,043,599
10位 ▼1 チャン・ボムジュン 당신과는 천천히 23,485,182

※ 5位のテヨンは少女時代のテヨン


FANCYの初週が今一つだったので、どうなるのか心配だったけど1ランクアップの3位。

今週も人気バラード歌手の新曲に押されただけで4位前後をキープしているので、過去と比較しなければ”ヒット曲”といっていいだろう、異論は認めない。

アイドルランキング

順位 変動 アーティスト タイトル GAON指数
1位 防弾少年団 Boy With Luv 45,596,026
3位 △1 TWICE FANCY 37,670,833
6位 BLACKPINK Kill This Love 30,746,814
11位 N.Flying Rooftop 23,386,642
13位 new NU`EST BET BET 22,096,942
14位 ▼1 ITZY DALLA DALLA 21,695,966
15位 ▼1 CHEN Beautiful goodbye 20,660,970
16位 ▼4 防弾少年団 Mikrokosmos 19,848,870
25位 ▼4 MAMAMOO gogobebe 16,370,707
32位 ▼6 防弾少年団 Dionysus 14,891,999
34位 ▼3 IZ*ONE VIOLETA 14,614,160
35位 防弾少年団 SPRING DAY 14,451,917
39位 ▼10 防弾少年団 HOME 13,293,502
44位 ▼1 防弾少年団 IDOL 12,530,194
46位 ▼10 防弾少年団 Jamais Vu 12,139,742
50位 △1 TWICE YES or YES 11,836,706

CD売上ランキング

2019年第18週アルバムチャート

順位 変動 アーティスト タイトル
1位 new NU’EST Happily Ever After
2位 new THE BOYZ Bloom Bloom
3位 new ぺ・ジニョン 끝을 받아들이기가 어려워
4位 ▼3 防弾少年団 MAP OF THE SOUL _ PERSONA
5位 new NU’EST Happily Ever After (khino)
6位 new キム・ドンハン D-HOURS AM 7_03
7位 new SUPER JUNIOR-D&E (khino)
8位 new CHEN 사월, 그리고 꽃
9位 ▼7 TWICE FANCY YOU
10位 new パク・ボム re_BLUE ROSE

※ガオンチャートは週間の売上枚数非公表


先週TWICEと初動売上争いを演じたBLACK PINK”KILL THIS LOVE”は19位。

NUESTの日本ハイタッチ会中止騒動

13位初登場のNU’ESTは2012年デビューの5人組ボーイグループ。

韓国をほったらかしにして日本での活動に重点を置いたため、日本ではホールクラスのツアーを開催するほど人気があったが、韓国では音楽番組の観覧席のファン割当枠が埋まらない超マイナーグループだった。

プロデュース101シーズン2に出演したNUEST
プロデュース101 シーズン2

しかし2017年プロデュース101シーズン2にメンバー4人が出演したことで注目を集めメンバー4人全員がデビュー圏前後にランクイン。

2017年7月第2週GaonアルバムチャートTOP5
2017年7月第2週Gaonアルバムチャート ※4位”Re_BIRTH”は2014年7月9日、5位”Q is.”は2016年2月17日発売。

プロデュース101放送中から旧作のCDが軒並み売り上げを伸ばし、ついにTOP5圏内に2タイトルをランクインさせる奇跡を起こした。


最終的にプロデュース101に出演したNU’ESTメンバー4人のうち1人がWanna Oneのメンバーに選出され、残りの3人とプロデュース101不参加の1人はWanna Oneが解散するまでNU’EST Wというグループで活動した。

NUEST W エムカウントダウン1位
エムカウントダウン1位

国民的人気グループWanna Oneほどではないが、NU’EST Wは音楽番組ランキングで初めて1位を獲得、トップアイドルグループの末席に加わる程度に人気を集めた。


こうなったら次にやることは何か? K-POPファンなら誰でも分かるよね?

そう、もちろん日本活動!

NUEST Wは2018年12月19日、20日に”NEW ALBUM「WAKE,N」発売記念イベント”を開催する予定だった。

内容はハイタッチ、握手 、チェキ撮影など、K-POPアイドルによくある接触会である。


ところが、予想外の事態が発生した。

プレディス社屋にポストイットを張り付ける韓国のNUESTファン
NUESTファンの日本ハイタッチ会反対運動

韓国ファンによる反対運動!

NUE’ST Wの所属事務所プレディス社屋にポストイットを張り付け日本のハイタッチ会中止を求めた。


韓国のNUESTファンが日本のハイタッチ会に反対する理由は色々だけど「日本でのファンサービスが手厚い」というのが大きい。

韓国のサイン会は通常参加券1枚当選すると、それ以上は当選しない。

ところが日本のハイタッチ会はCD1枚につきハイタッチ1回、購入枚数に制限がないのでCDを購入すればするほどアイドルと接触できる回数が増える。

NUESTの日本ハイタッチ会に反対する韓国のNUESTファン
NUESTの日本ハイタッチ会に反対する韓国のNUESTファン

#プレディス
ハイタッチ会_中止せよ
アーティスト_保護せよ

韓国ファンからすれば「自分が人気グループに育てたのに、美味しいところは日本のファンが持って行く」という思いもあるだろう。

結局プレディスは韓国ファンの要求を受け入れハイタッチ会を中止した。