特定の音楽スタイルに固執せず変化が早い音楽市場に合わせた音楽を追求するJYPエンターテインメント

ウッチャサ TWICE JYPエンターテインメント
TWICE

2018年12月4日付YTN掲載のTWICEトゥワイス関連ニュース翻訳

JYP終盤のラストスパート TWICE DAY6新曲発売の意味

2018年12月4日 YTN

2018年の終わりが目前に迫った中、JYPエンターテインメントがラストスパートに入った。

JYP代表ガールズグループTWICEをはじめDAY6が12月の新曲発売を控えている。ます目に付くのはTWICEだ。TWICEは12月12日3rdスペシャルアルバム”The yaer of YES”を発売する。TWICEは11月5日発売の6thミニアルバム”YES or YES”から約1か月で新曲を発表することになった。

TWICEは所属事務所を通じ「ファンのためのプレゼントのようなアルバム」と明らかにした。言葉通りプレゼントだった。TWICEはデビュー後初めてR&Bを歌う。タイトルは”올해 제일 잘한 일” (The Best Thing I Ever Did)はオルタナティブR&BをTWICE独自のポップサウンドと結合させ作った曲。これまで明るく弾けるような曲でヒットを続けて来たTWICEの新たな一面を観るチャンス。

曲の雰囲気と共に”올해 제일 잘한 일”誕生の背景も注目に値する。JYPの創業者パク・ジニョンは”空欄埋め”という新たな作曲法で”올해 제일 잘한 일”(The Best Thing I Ever Did)を完成させた。パク・ジニョン本人がサビを作詞作曲、残りを他の作曲家とアーティストに任せ”空欄”を埋める。このようにパク・ジニョンは新たな試みでTWICEの新たな魅力を引き出すために努力した。

パク・ジニョンが試みた変化の中心にはTWICEだけがいるのではない。DAY6も選ばれたグループのひとつ。DAY6は12月10日4thミニアルバム”Remember Us : Youth Part 2″を発売する。ここまでバンドの特性を生かし楽器中心のサウンドだったが、今回はシンセポップサウンドを選択した。DAY6は2回目のシンセポップ挑戦になる。リード曲”행복했던 날들이었다”はこれまでのシンセポップサウンドをアレンジし新たなDAY6サウンドに挑戦する。

DAY6

DAY6

DAY6メンバーのファッションにも変化があった。5人全員のビジュアルが大きく変化した。その中でも最年長のソンジンと最年少のドウンの変化が目立つ。ソンジンは温和なイメージを脱皮、髪を切りスクラッチを入れて強靭なイメージに変わった。ドウンはホワイトカラーに髪を染めた。

DAY6メンバーの意見もJYPと一脈相通じる。DAY6のリーダーソンジンは「DAY6は特定ジャンルの音楽を追求するより、いい音楽を目指すバンド」と説明した。

パク・ジニョンは所属アーティストを通じJYPの音楽に新たな挑戦の風を吹き入れた。SMエンターテインメント、YGエンターテインメントと共に韓国3大芸能事務所と呼ばれるJYPは特定の音楽スタイルに固執せず変化の速い音楽市場に合わせた音楽を追求する。2018年の年末音楽賞など忙しい日々が待つTWICEとDAY6の新曲発売は2019年JYPのテイスティングともいえる。

ある音楽関係者はJYPの音楽スタイルについて「JYPは他の芸能事務所と異なり複数のジャンルを消化するのが特徴、一つのジャンルに限定せず各グループの特性を最大限に生かすためのバク・ジニョンの努力が光る。音楽の多様性を最もうまく表現する事務所」と高く評価した。

実際にJYPにはTWICE、DAY6だけでなくGOT7、ユビン、パク・ジミン、パク・イェリンなどそれぞれ異なる音楽色を持つアーティストがそろっている。多様性を持つ2019年JYPの音楽はどんな姿だろうか。

(翻訳終わり)