JYPの真の原動力 TWICEの振付師パク・ナミョン

スーパーモデル選抜大会に出場したパク・ナミョン JYPエンターテインメント

2015年11月25日付10ASIA掲載のJYPエンターテインメント振付師パク・ナミョンのインタービュー翻訳。

JYPスターメイキングの真の原動力 振付師パク・ナミョン

10ASIA (텐아시아)

JYPエンターテインメント振付師パク・ナミョン
パク・ナミョン

パフォーマンスのないアイドル音楽は餡のない蒸しパンだろう。アイドル音楽は歌・ビジュアル・パフォーマンスの3拍子を合わせて繰り広げるコンセプトの音楽。その中のパフォーマンスは見る音楽の頂点をなす非常に重要な要素であり、K-POP韓流熱風の中心。上手く作られたポイントダンス一つが歌の人気を牽引することもある。アイドルが新曲を発売するたびに、YouTubeにあふれるほど投稿される海外ファンのダンスカバー映像もパフォーマンスの重要性を示している。パフォーマンスを作る振付師の役割も大きくなった。3分余りのステージのためにアイドルグループの後ろで汗をかく振付師に会う。

誰かと20年以上、共に働くということはどのような意味を持つか。目を見ただけで互いに向けた熱い信頼を感じるだろう。JYPエンターテインメントの振付師パク・ナミョンチーム長とパク・ジニョンとの関係がそれだ。パク・ナミョンチーム長は高校2年生の時ダンサー生活を始め、現在20年以上の時間をパク・ジニョンと共にした振付師。JYPエンターテイメントのほぼすべての振り付けを担当したとしても過言ではないほどJYPパフォーマンスの先頭に立っている。JYPはRAIN、2PM、MISS A、GOT7、TWICEなどアイドルスター養成所であり、パフォーマンスでも独歩的な存在感を示す芸能事務所。その背景には振付師パク・ナミョンがいた。

パク・ナミョンはJYPに対する信頼が厚い。最初の質問「JYPについて」の答えも「家族」であり、最後の質問「JYPについて」の答えも「家族」だった。「JYPが私を捨てない限り、ずっとJYPにいる」と確固とした回答までした。JYPに向けた愛情が回答のあちこちに見え隠れした。JYPが継続してスターを作り出すことができる秘訣は家族のようなスタッフの厚い信頼と信仰ではないのか。

JYPエンターテインメント振付師パク・ナミョン
パク・ナミョン
パク・ジニョンと長期間仕事をしているが。JYPの長所とは?
JYPで長い間働いてきたせいか、家族のようです。家よりも長くいる場所であり、家族より一緒にいる時間が長い。2003年度にJYPに入ってパク・ジニョン氏と働いて20年が経ちました。
パク・ジニョンとはどのように振り付けの練習をしますか?
パク・ジニョン氏は彼独自の思考があります。「このようにして欲しい」とリファレンスを先にくれます。私が最初に1次的作業をすれば、パク・ジニョン氏と一緒に2次的作業をします。彼がやりたい動作を追加するという方式です。
TWICE「OOH-AHH하게 (Like OOH-AHH)」が人気を集めています。どの点に最も気を使いましたか?
とにかく「かわいく」。TWICEのメンバーがかわいらしく見えるように努力しました。最も気を使った部分は、これまでのJYP女性グループの振付けはパワフルで頭の動作をよく使いました。きれいなのにステージが終わるとヘアスタイルが崩れてしまった。いくらきれいでも歌が終わった時に、髪の毛が顔を覆ってしまっては意味がない。TWICEの振付はできるだけ頭の動きを減らしました。体は使うが顔はあまり使わないように作りました。
振付を作るとき、どんな点に最も気を使いますか?
1次的にいい曲である必要がありますが、歌手によく似合う振付けをつくるために努力しています。どんなに良い振付、良い音楽でも歌手に似合わなければ無意味だと思います。まず最初の振付を作るときに歌を聞き込みます。そうしている間に思い浮かびます。2PMの新曲を聴きながら、2PMの長所を知っているので2PMがどのようにすればカッコよくなるのかを思い描きます。
JYPエンターテインメント振付師パク・ナミョン
パク・ナミョン
ダンスの先生としてTWICEの魅力
  • ジョンヨン ボーイッシュなビジュアルですが、中身は女性。でも溌溂としてミュージックビデオやステージではピョンピョン飛び回っている。
  • ツウィ ジャイアントベビー。ルックスは末っ子っぽくないですが、末っ子のように行動している。若いので可愛らしいさがある。
  • ダヒョン ワシダンスを見ると活発な子と思いがちですが、普段は大人しいです。芸があります。
  • ジヒョ 小学生の時から見てきましたよ。リーダーとして頑張っています。練習生活が長いこともありますが、一生懸命やっています。小学校の時から見てきた子が今では女性になったのでとても不思議です。
  • モモ サナ ミナ この3人は外国人なので分かりやすく話そうと努力していますが難しいです。サナはミュージックビデオを見ると幼く見えますが大人っぽい面もある。モモはしっかり者。ミナはおとなしくて教えることが多い。
  • ナヨン 子供の頃から見てました。性格が丸くて優しい妹のよう。
  • チェヨン 向上心が旺盛で努力家。冷たく見えるが実際には気さく。

TWICEはまだ一生懸命やる段階です。TWICEがみんな向上心が旺盛で、自分の事を知るために多くの努力をしています。

大勢の練習生を見て来て、成功する練習生はピンと来るものがありますか?
ピンと来る人と来ない人がいますが、共通点は目つきが違います。成功する練習生は私の目を避けない。私は練習のときに後ろから鏡で練習生を見たり前からみたりしますが、本当に熱心でしっかりしている練習生は、目が合っても目を逸らしません。
アイドルが成功する条件は?
最近は実力派アイドルが多いので実力が第一条件です。実力なく歌手になりたがる人が多い。昔はアイドルが少なかったのでそれでもよかったが、今はあまりにもアイドルが多く、人々は歌手であれば当然ダンスも歌も上手いと思っている。歌が上手いのかダンスが上手いのかで判断されます。最近はルックスではなく実力がなければ覚えてもらえません。
パク・ジニョンと出会ったきっかけ
私は、最初にダンスチームの末っ子でした。高2の時、友人がアンタイトルという歌手のダンサーを始めて一緒に活動をすることになりました。以後チームマニアというダンスチーム入りました。そこにいたのが今のJYPエンターテインメントの副社長です。チーム自体がパク・ジニョン氏のために作ったチームでした。私は末っ子だった。
今まで残った理由
チームが本当に良かった。今も有名なダンスチームが多いが、チームの色が私に合っていたし、チームの仲間を家族のように思っていた。
パク・ジニョンの長所
本当に徹底しています。計画的で仕事の面で見習うべき事が本当に多いです。彼の下で働く人は大変でしょう。昔はなぜあのように仕事をするのか理解できなかったが、気が付くと私もパク・ジニョン氏のように仕事をしていました。パク・ジニョン氏は下の人々を扱う事に関しての教科書です。そのような部分をたくさん見て学びました。ダンスも彼の影響を受けました。パク・ジニョン氏が私に「自分は恵まれた存在だ」と言ったことがあります。正確に何といったかは思い出せないが「デジタル時代とその前の時代の両方を見て来たことが、この仕事においては幸運だ」と言いました。「昔のもの、中間のもの、今のものを知っているから未来を受け入れやすい」と。私も彼から昔のダンスを学び、彼に今のダンスを教えることができて、バランスがとれるのがいい。
JYPで女性グループの振付けも担当しているが、女性の振付けの難しい点は?
若い頃は女性の振付だけ作っていました(笑)。その頃は今のように細分化されておらず、男性が女性歌手の振り付けも作って、そんな時代でした。私は女性の振付を多く作って来たことが、今になって役立っています。今は振付チームに女性の後輩もいます。女性の体は女性がよく知っているしラインも綺麗です。今は手出しはせずに、多くのアドバイスをする程度です。今はパク・ジニョン・2PMの振付けの90%以上を担当しています。
今まで作った振付の中で最も大切な振付は?
全部が大切な振付けです。その中でも何でも一番記憶に残っています。最初に1位になった振付はPSY「NEW」の振付けです。その振付けは私が作りました。初めて大賞を受賞した振付は2PM「Heart Beat」。完全に私一人で作ったのはその2つです。「Heart Beat」のエンディングは同じダンスを2度やった事はありません。30〜40個のバージョンがあります。今TWICEは毎週振付が違うでしょう。神経を使った振付けです。
最も悔いが残った振付けは何ですか?
2010年発売の2PM「I’ll be back」を思い出します。「I’ll be back」振付はシャッフルでした。2009年から「니가 밉다(I Hate You)」「기다리다 지친다 (Tired of Waiting)」にシャッフルを入れた。「I’ll be back」にもシャッフルを入れて、1年後にシャッフルダンスが流行し始めました。それ以前はみんなシャッフルダンスを知らなかった。「I’ll be back」が2PM史上最も過酷なダンスの一つだったが、その時はシャッフルと呼ばずウサギ踊りと言っていた。ウサギ踊りはそれで終わった。そして1年後にシャッフルが流行り始めた。その翌年はすべての歌手がシャッフルダンスを取り入れた。2PMのメンバーに時々「先を行き過ぎましたね」と言われます。ウサギ踊りで終わったシャッフルダンスが残念でした。
20年間のダンサー生活で、苦しい時、疲れた時はどうする?

バクナムヨン:それでも仕事をしなければなりません。仕方ありません。ちょっと手を離すとさらに遅れると思います。やれる時にやる。健康管理のために特にしていることはありませんがストレッチを毎日やっています。

幸せを感じる時は?
舞台に立つことに幸せを感じます。1位になることにも幸せを感じます。私が舞台に立った時、多くの観客が私の教え子を、私が作った舞台を見て歓呼してくれることに幸せを感じます。
昔と今とではダンサーへの視線も良くなった?
昔より視線が大きく変わりましたが、まだまだです。私でさえも少し前に両親が親戚の集まりに行ったとき「踊っている奴」と言われたそうです。社会認識がダンスに対しては良く思っていないと思います。
それでもJYPはこう振付チームシステムも備えて、良くなったと感じる事もあると思うが?
時々そのように思います「もう少し遅く生まれていれば」と(笑)。最近は大学にダンス部があり、ダンスで大学に行けます。大会もたくさん出来て。今踊っている若い人がうらやましい。私がダンスで享受できなかったことを享受できるから。
ダンサーを希望する後輩にアドバイス一言お願いします。
ダンサー自体を甘く考えないで欲しい。舞台の派手さだけを見てダンサーを目指す人は、実際に練習を始めると「テレビに出てたくて来たのに練習だけしなければならないの?」と。派手な姿だけを見て簡単に足を踏み入れないで欲しい。本物のダンサーになるためには自分のものを見つけることが良いと思います。流行しているものを見つけるのではなく。最近はダンスが定型化されていないので、自分だけのスタイルで行くことが良いと思います。
ダンスを見る人々に望むこと
判断をしないていただきたいと思います。踊ることを温かく見守ってくれるとうれしいのですが、変に踊りたくて変に踊るのではないですからね。善し悪しを見るよりもちょうど楽しんでほしいと思います。芸能をドキュメンタリーとして受け入れる方が多いです。
今後の計画
続けられる限り振付師を続けたい。歳をとっても若い人達を育てたい、JYPが私を捨てない限り。JYPは本当に良い。家族です。
なぜダンスが好きですか?
楽しい。ただたのしいです。ダンスをする時は何も考えていない。踊りながら「明日何をしようか?」というような考えはまったく浮かびません。無我の境地という言葉がありますが、狂ったように踊るのではなく、踊っている瞬間が楽しい、私が主人公ですから。
最後に、振付師パク・ナミョンにとってダンスとは?
私です。人生の半分以上を踊って生きて来ました。私の存在そのものです。
JYPエンターテインメント振付師パク・ナミョン
パク・ナミョン

韓国の反応

イケメンだね

2PMの日本コンサートでよく見る人、セクシーで素敵。日本人のファンも多い。JYPに長い間いるということは人間性もいいみたいだね。2PMにかっこいい振付を作ってくれてありがとう。

JYPの熱狂的ファンだけど、こういう形で知ることが出来てうれしい。JYP最高!

パク・ジニョンのコンサートの時、いつもパク・ジニョンの横で踊っているかっこいい人。これからも素敵な振付けをお願いします。

もともとはRAINのバックダンサーだったらしい。JYPスタイルのダンスを作った人

※RAIN・・・元JYP所属の超人気歌手。

韓国最高の振付師

中学生の時WONDER GIRLSと2PMのファンでパク・ナミョンのことを知っていたけど、まだJYPで働いているなんて感動的。SIXTEENにちょっとだけ出演したときもうれしかった。TWICEの振付も作ったんだね。私はJYP独特のダンスが大好きなので、これからも素敵な振付けを作り続けてください。応援しています。

SIXTEENの時に初めて見たけど、厳しい言葉で練習生を叱責したことを覚えている。そのおかげでTWICEが成長できたと思う。これからもTWICEの事をよろしくお願いします。

JYP所属歌手のファンなら知らない人はいないパク・ナミョン。すごくカッコいい。これからも素敵な振付をお願いします。

(翻訳終わり)

その後のパク・ナミョン

ブログネタを探していたら見つけた

スーパーモデル選抜大会に出場したパク・ナミョン
パク・ナミョン TOPSTAR NEWS

2016スーパーモデル選抜大会に出場してた。

TWICEのデビュー時にJYPのスタッフとしてインタビューに答えていたので残念ながらモデルにはなれなかったようだ。

https://www.twicefan.club/november-2015/

コメント