BTSの所属事務所 BIGHITエンターテインメントがガールズグループでもNo.1を目指す

TWICEK-POPニュース
TWICE

2020年2月5日付NEWSIS掲載のK-POP関連ニュース翻訳

ガールズグループ専門レーベル時代 背景とその意味

NEWSIS

ガールズグループ専門レーベル時代が幕を開けた。

代表的な例が防弾少年団の所属事務所BIG HITエンターテインメントの傘下レーベルSOURCE MUSIC。

昨年BIG HIT傘下に入ったSOURCE MUSICはガールズグループGFRIENDをマネージメントする事務所で、かつてBIG HITと共同でガールズグループをデビューさせたことがある。

プラスグローバルオーディションのポスター
プラスグローバルオーディション

4日、SOURCE MUSICソ・ソンジン代表はソウル東大門デザインプラザで開催の”2020年上半期 BIG HIT会社説明会”でBIG HITのミン・フィジンCBOとの共同プロジェクト”プラスグローバルオーディション”の成果を紹介、2021年デビュー予定のガールズグループを結成したと発表した。

BIG HIT+SMのガールズグループ専門レーベル

SMエンターテインメント理事だったミン・フィジンCBOはエンターテインメント業界でも出色の人物。

アルバムビジュアルスタッフとして有名で、ファンも多い。

2002年SMに入社したミン・フィジン氏は2017年3月理事に選任されK-POP産業でウーマンパワーを誇示した。

彼女は”ビジュアルディレクティング”と”コンセプト”というキーワードをエンターテインメント業界の主流に引き上げた。

Red Velvet
SMエンターテインメント所属 RED VELVET

ガールズグループの定石となった少女時代のコンセプトをはじめ、f(x)、RED VELVET等に独創的な視覚的イメージを付与した。ボーイズグループSHINEEでコンセプティブという概念を作り、EXOの世界観具現プロジェクトを主導した。

斬新なコンセプトと世界観をを持つGFRIENDを作ったSOURCE MUSICと、K-POPシーンでスタイリッシュなガールグループの基準を示したミン・フィジンCBOとの出会いがどんなシナジー効果を生むのか期待を集める。

BIG HIT=防弾少年団というイメージが強い。新レーベルでガールグループを作る事はBIG HITに対するイメージの刷新を図ると共に、BIG HITレーベルのスペクトルを広げる試みとして受け止められている。

ソ・ソンジン代表は今月3日に新アルバムを発売したGFRIENDの活動計画を説明した際「BIG HITとのシナジー効果でガールズグループNo.1レーベルを目指す」ことを強調した。

相次ぐガールズグループ専門レーベル設立

K-POPガールズグループcignature
Cignature

BIG HITだけではない。4日デビューシングルを発売したCignatureはユンナ、イ・ソックン、CIX等が所属するC9エンターテインメントが新たに設立したガールズグループ専門レーベルJ9エンターテインメントが初めて送り出したグループ。

ONCE HALLOW 2 グッズ撮影現場画像
TWICE

K-POPを代表するガールグループTWICEは所属事務所JYPエンターテインメントが専門レーベルを作りマネージメントしているわけではないが、JYPのクリエイティブ総括責任者パク・ジニョンTWICE専任のタスクフォースチームを作りTWICEを成功に導いた

2018年JYPが新社屋に移転した際、パク・ジニョンは「TWICEの成功を機に、社内に4つの小さな会社を作った」とレーベル体制を明らかにした事がある。

LOONA
Loona


5日新アルバム”#”を発売、リード曲”So What”で活動中のガールズグループLOONAは、Ladies’ Code等をマネージメントするPolarisエンターテインメントの傘下レーベルBlockberry Creative所属。

LOONAはBlockberry Creativeがデビューする1年前から大規模プロモーションを展開、LOONAの世界観である”LOONAVERSE”を広めた。

このような努力はK-POP界の巨人SMエンターテインメントのイ・スマン氏がLOONAの新アルバム”#”にプロデューサーとして参加するという結果物を生んだ。

イ・スマン氏がSM以外のアーティストのプロデュースに参加するのは今回が初めて。LOONAがSM所属ボーイズグループNCT127の”Cherry Bomb”をカバーした映像がイ・スマン氏の目に留まったという。

一つのグループに集中するBlockberry Creativeのレーベル戦略が功を奏した。

ガールズグループ専門レーベルは状況に柔軟に対応するための手段

熱心なファンがつきやすいボーイズグループとは異なり、ガールズグループはターゲット層を広げ、既存のプラットフォームの代わりに専門レーベルでガールズグループを成長させる多彩なルートを作り新たなアイデアを構築する必要がある。

新人ガールズグループを準備中の中堅芸能事務所関係者は「熱心なファンを獲得すると成長に弾みがつくボーイズグループとは異なり、ガールズグループを作り成功するには運やタイミングをつかむことが必要。ガールズグループ専門レーベル設立は状況に柔軟に対処するための手段」と語った。

(翻訳終わり)

TWICE Gallery

コメント

タイトルとURLをコピーしました