パン・シヒョク 防弾少年団のプロデューサー

防弾少年団のプロデューサー バン・シヒョク Uncategorized

나무위키

防弾少年団のプロデューサー パン・シヒョク

韓国の芸能事務所BIG HITエンターテインメント代表。作曲家、防弾少年団の総括プロデューサー。ソウル大学美術部卒業。ギャグコンサートのアン・イルグォン、プロゲーマー ホン・ジンホと妙に似ている。

略歴と活動

방시혁 (房時赫,Bang Si-hyuk)
1973年8月9日生まれ
京畿高校からソウル大学というエリート街道を進んだ。

パク・ジニョンに師事

作曲家として活動を始めたころにパク・ジニョンにスカウトされ、JYPエンターテインメントで活動した。パク・ジニョンが「作曲家キム・ヒョンソクにプロデュースのA to Zをすべて学んだ。」と明らかにしたが、パン・シヒョクも「パク・ジニョンにプロデュースのすべてを学んだ」と語っている。 主流音楽界で活動しながらもトレンドとは異なる新鮮な作曲、北米/欧州地域の雰囲気がある作曲でファンと評論家の賛辞を受けた。しかし数回の実験的な曲がヒットに失敗した後、商業的な曲を作曲する傾向が強くなり活動初期に比べると評価は落ちている。

JYPエンターテインメントから独立

2005年、BIG HITエンターテインメントを設立しJYPから独立した。BIG HITエンターテインメントで作曲とプロデュースを務めている。SMエンターテインメントのボーイズグループブラックビートの「翼」をプロデュースした経歴もある。JYPエンターテイメントのボーカルグループ2AMのマネージメントを2014年までに担当した

2011年には童謡界にも進出し「チェ・スンホ詩人の言葉遊び童謡集」を発行した。この中でチョ・グォンは、猿を呼んだ。オン・ドングク(※漫画家)の漫画の登場人物ピンクに似ているという説がある。ポータルサイトNAVER検索でパン・シヒョクの関連検索ワードとして「찰지구나」(※オン・ドングク漫画の登場人物のセリフ)が現れる。さらにベトベトン(※アニメキャラ)、ブロブフィッシュ(※魚の名前)に似ているという指摘もある。

防弾少年団の成功

2011年07月31日、パン・シヒョクが企画/制作中の防弾少年団の新しいメンバーを選ぶためにラッププロモーションビデオを発表した

2013年6月13日BIG HITエンターテインメント初のアイドルで、パン・シヒョクの自信作「防弾少年団」がデビューした。実力、ダンス、ビジュアル全て「悪くはない」という評価が多かった。数多くのアイドル洪水の中でそれなりのファンダムを構築し、それなりにヒットした。

2015年「I Need U」と「쩔어」で注目を集め始め、ファン層が拡大し一般層への認知度も高まり人気アイドルになった。

2016年には初の大賞を受賞して確実な人気アイドルに位置づけた。おかげでパン・シヒョクの名前も頻繁に取り沙汰されるようになった。さらに、海外アルバムチャート1位を記録するなど、海外でも良い結果を出している。

2017年にはビルボード・ミュージック・アワードのトップソーシャルアーティスト賞を受賞した。

作詞作曲家、プロデューサーとしての経歴

受賞歴

1994年
第6回ユ・ジェハ歌謡祭銅賞
2009年
第1回MELON MUSIC AWARD ソングライター賞
2010年
第4回Mnet 20’s Choice最も影響力のあるスター20人
2011年
第1回韓国音楽著作権大賞作品賞
2011年
第1回韓国音楽著作権大賞バラード部門作詞家賞、作曲家賞
2016年
ASIA ARTIST AWARD ベストプロデューサー賞
2016年
第8回MELON MUSIC AWARD ソングライター賞
2016年
Mnet Asian Music Award ベストプロデューサー賞
2017年
第31回ゴールデンディスクアワード製作者賞

代表曲

god
  • 니가 다시 돌아올 수 있도록
  • Friday Night
  • 하늘색 풍선
  • 니가 필요해
  • 사랑이 영원하다면
  • 장미의 전쟁
パク・チユン
  • 달빛의 노래
  • 난 사랑에 빠졌죠
  • DJ
RAIN
  • 나쁜 남자
  • I do
防弾少年団
  • I NEED U
  • RUN
  • 불타오르네(FIRE)
  • 피 땀 눈물 (Blood Sweat & Tears)

発言

BIG BANG G-DRAGONへの評価

BIG BANGのG-DRAGONを見て「まるでモーツァルトを眺めるサリエリのように気分が悪くなった」と言ったことがある。G-DRAGONの才能が自分より優れているという意味の発言だが、いくら比喩とはいえG-DRAGONとパン・シヒョクをモーツァルト-サリエリの関係で表現することは適切とは言えず、このため多くの人から失笑を買った

盗作問題

盗作問題が多い。盗作に関するインタビューで「盗作はあくまで親告罪、すなわち当事者間の問題だ。二人が会って話して盗作だと結論すれば盗作、そうでなければ盗作ではない」と回答し批判を浴びた。 また、パン・シヒョクは、「海外の音楽スタイルの「輸入業者」になりたい」とインタビューで答えたことがある。海外で人気のあるジャンルや曲を、本人の言葉通り輸入して韓国に紹介するという話だ。もちろんこれは、トレンドを追う大衆音楽プロデューサーであれば、当然ともいえるが、「創作」の意味ではなく、どうしても「リファレンス」の意味が強い。

ある意味率直な話であるともいえる。世界のすべての創作者は、当然「リファレンス」する。(映画「ズートピア」の動物キャラクターを完成させるために、これまでの有名なキャラクターを分析し、参考にして作られたキャラクターがズートピアの動物キャラクターであるように)、そのリファレンスの程度の差で、盗作の境界が分かれる。パン・シヒョクの曲が批判される点は、そのリファレンスがひどいということ。

自分が作曲した曲について一切のリメイクを容認していないことで有名である。イム・ジェボムのリメイク要求を拒否したことで有名。本人に思うところがあるように見える。原作者がリメイクを希望しない場合、当然リメイクはできない。出し惜しみだの心が狭いだのと批判することは差し出がましいだけだ。パン・シヒョクだけではなくリメイクを容認しないアーティストは大勢いる。

オーディション番組の審査員

2010年、MBCで開始したオーディション番組「偉大な誕生」で「ストレートに物を言う審査員役」を担当した。ちょうど「シンガーソングライターの曲だけでなく、人自体がキャラクターになる。申し訳ないが、見た目に神経を使うつもりはないか?」、3話で自らをヒップホッププロデューサーと称したために物議をかもした。コメンテーターを担当していた候補者が彼のプロデュースにより深刻なほど変化させられ、それに伴う視聴者評は極と極に分かれた。要するに、自分が担当する歌手を「音楽産業」に適切な一種の商品化特性を備える方向へ追いやったと評価された。しかしながらプロデューシングについての道徳的、職業倫理面での物議とは別に、全体的には直接的で鋭い審査評だ。

その他

2011年ペク・ジヨンのインサイドピープルに出演、「MISS Aは韓国大衆音楽の偉大な事件」と語った。さらに東方神起について「歌、ダンス、ルックスすべて備えたグループ」と絶賛した。

意外に繊細な面があり、寝る前に少女漫画を読んだりロマンス映画を見て涙を流すこともあるという。感性を必要とするミュージシャンだから当たり前かもしれない。

スポーツの知識は不足しているようだ。2009年韓国シリーズ終了直後8eightのイ・ヒョンが「ナ・ジワンのサヨナラ本塁打でKIAタイガースが優勝をした」と言うと、「じゃあナ・ジワンがVIPになるの?」と聞き返した。

2011年4月27日。ソウル大の講義でオーディション番組などサバイバル番組の氾濫について「視聴者の耳が肥えて、いわゆる聞く音楽への関心が高まった。」と述べた。また「そのような気流に合わせてアイドル界でも歌、ダンス、演奏、作詞作曲に長けミュージシャンアイドル、すなわち完全体アイドルが登場しなければならない」という見方を明らかにした。

ボーカロイドSeeUの製作に参加しており、デモ曲の「I = Fantasy」の作曲も担当した。試遊の声プロバイダーはパン・シヒョクがプロデュースしたガールズグループGLAMのメンバーキム・ダヒ。ただし、歌詞があまり良くなく、多くの人々が不満を表した。

パク・ジニョンとアメリカで生活中、靴下を裏返さずに洗濯するパク・ジニョンと大喧嘩になった。翌日パン・シヒョクは韓国に帰国することにした。それ以降パク・ジニョンは必ず靴下を裏返すようになったという。パク・ジニョンとは現在もいい関係が続いている。

コメント